空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人4

yun2-4

オマンコを舐めだした囚人を女看守は自分専用のオナニーマシンに育成させるため毎日クンニトレーニングをさせ快楽を楽しむ、女看守はイスに座り鉄格子にオマンコを近づけ囚人に何時間でも舐めさせる、女看守は乗馬鞭を持ち舐めをさぼれば囚人は打たれる、女看守はクンニさせた後はお尻を向けてケツの穴も舐め掃除させる。何日も手錠で射精管理され精子が溜まっている囚人に女看守はオナニーを命じる、女看守の見ている前でオナニーをする囚人だが溜まっている精子を放出するためには背に腹は代えられない、囚人がイキそうになると女看守はオナニーを止めさせ寸止めし再び手錠をする、女看守は自分に服従させるため常に囚人に高い精力を維持させ寸止めさせるのである、囚人は「もう少しでイキそうです、精子が溜まって苦しいんです、どうぞ射精の許可を下さい、お願いします」と土下座して嘆願するが女看守は許可しない、そして「私だけ毎日お前にオマンコ舐めさせてイッてスッキリして、お前は寸止めでイケないってズルイよね、アハハハ」と笑い飛ばす。女看守は囚人を四つん這いにして鉄格子に縛り動けないようにするとペニスバンドを装着して「これからお前のケツの処女をもらう、お前は私の物だ」とペニスをアナルに挿入し犯し出す、痛みで悲鳴を上げる囚人だが女看守は容赦なくケツを犯しまくる。

エミル女王様を崇拝するマゾ男専属奴隷達

emiru3-s

エミル女王様は8人いる専属奴隷の中から4人を招集し代わる代わるプレイを楽しむ。招集された汚物が大好物の奴隷には生理ナプキン、足の皮、鼻くそ、マンカスを舐めさせ食べさせ強制射精後には自らの精液を舐めて掃除させ、ハード奴隷には逆さずりにし鞭の雨を降らせ、女装奴隷達には挿入したアナルフックを天上から吊るし、ディルドを床に固定し挿入させペニスバンドを口に押し込む。エミル女王様はマゾ男専属奴隷達に聖水を飲ませクソを喰わせ、エミル女王様を崇拝するマゾ男専属奴隷達はどんな厳しいプレイにも絶対服従しなければならない。

空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人3

yun2-3

オマンコを舐めない囚人に対し女看守は牢屋のカギを開けて中に入り力ずくでオマンコを舐めさせようと暴行し顔面騎乗でオマンコを口に押し付ける、逃げる囚人と舐めさせる女看守との攻防が繰り広げられる。それでもオマンコを舐めない囚人に対し女看守は放置の罰を与える。数日後女看守が現れ優しい言葉でオマンコさせ舐めれば水も食事をもらえると話すと囚人は屈辱を感じながらも女看守のオマンコを舐め始める、女看守はオマンコを舐めだした囚人を見下ろしながら「アハハハ、人を服従させて自分のマンコを舐めさせる、初めて舌がマンコに触れた瞬間がたまらないんだよ、分かる?この征服感?アハハハ」と笑い飛ばす。しかし、囚人は小便水と床で踏み潰されツバをかけられたパンしかもらえないのである。