奴隷化されていく脚フェチマゾ男

airis

脚フェチマゾ男はミニスカブーツ姿のあいり女王様を街で見かけるとその素晴らしい脚線美に魅了され女王様とは知らずに跡をつけ回してしまう。あいり女王様は気が付き男を捕まえ部屋に引きずり込み「お前はマゾで本当は脚でいじめて欲しいんでしょ」と問い詰めるが男はシラを切る、しかしあいり女王様がブーツで顔をこすりつけると男は本能を隠せずマゾであると白状しあいり女王様のおもちゃになる約束をしてしまう。思わぬ偶然からあいり女王様は大好きな初心者マゾ男を手に入れ徐々に男を服従させ奴隷化し楽しんでいく。

シスターのマゾ男懺悔室4

hijiri1-4

3人目のマゾ男がやって来る、1人目のマゾ男はここでも人間イスにされている。男は童貞で女性とセックスがしたくてたまらなく、このままでは犯罪を犯してしまいそうだと言う。シスターは男にセックス以上の快楽を知ればセックスの事は頭から消え去ると言い、男に目をつぶらせ修道服を脱ぎ男に目を開けさせる、すると男の前にはランジェリー姿のシスターが立っており男は驚く。シスターはセックス以上の快楽を教えるとして男を全裸でイスに縛り上げ、手袋をすると男のアナルに指を入れてかき回す。男はアナルを犯され感じてペニスが勃起してしまう、シスターは「セックス以外にもこんな快楽があるのですよ」と笑いながらアナルを指で犯しまくり男はイッてしまう。シスターは男に「これでもあなたは女性とセックスがしたいですか?」と尋ねると男はしたいと言い、シスターは「あなたの初めてのセックス相手としてちょうど良い女性がいます」と別室に案内する。

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活1

akane1-1

朝妻は目を覚ましマゾ夫に新聞を持って来させる、夫の股間には貞操帯が装着させており妻はそのカギをネックレスにぶら下げている、妻の許可なしに貞操帯は外すことができず夫は常時射精管理されている。妻は新聞を読みながら夫にイクまで朝のクンニ舌奉仕をさせる、これは毎朝の日課であり妻はスッキリして1日を始めるのである。妻が昨夜酔って浮気相手と生でセックスをし帰宅しそのまま洗わないで寝たオマ○コとも知らずに夫は貞操帯を外してもらおうと一生懸命汚れたオマ○コを舐める。夫は家事奴隷にされており妻の朝食を作るがタマゴを買い忘れて妻に鞭でお尻にお仕置きを受ける、妻は夫がミスをしないように体で覚えさせるのである。妻が食事をしている間夫はイスにされる。妻は食事を終えると残した残飯を床にまき散らし足で潰しツバを吐きかけ夫に与える、夫の食事は毎回このようにする。妻は出かける前に着替えをしていると「あなたーおしっこ」と夫を呼ぶ、夫は如雨露にホースが付いた聖水器を咥え仰向けに寝ると妻は夫を見る事なく小便をし全部飲ませる、妻は小便をする時はトイレに行かずどこでも夫に飲ませる。妻は玄関で「お友達とランチに行くから掃除などしておくように」と夫に伝える、しかしランチではなく本当は浮気相手とホテルで会うためである。浮気相手とセックスを楽しんで帰宅した妻は玄関で「ブーツが汚れちゃった」と夫に舐め掃除させる。