空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人2

yun2-2

女看守はブーツを舐め掃除しろと命令するが囚人は反抗したため2日間放置させる。女看守は2日後に現れブーツを再び舐めるように命令すると空腹に耐えかねた囚人はペロペロと舐めだす、女看守はまた1つ囚人を服従させ満足感と共に笑って見ている。女看守は唯一の食事であるパンをわざと床に落としブーツで踏みつける、空腹の囚人は潰されたパンとブーツの底に張り付いたパンを必死に食べるしかない。女看守はコップに小便をし囚人の前に置いた皿に入れ更に水を入れ囚人の大切な水が小便と混ざる、女看守は「今後小便入りの水しか与えない」と言い放ち飲むように命令するが囚人が飲まないため再び放置する、しかし数日後に現れた時には囚人はあきらめて女看守の見ている前で小便水を飲むと女看守は罵声を浴びせ笑う。女看守は囚人に首輪とリードを付けパンティーを脱いで「オマンコ舐めろ」と命令するが囚人は拒否する、すると女看守はリードを引っ張り囚人の顔をオマンコに張り付けさせる、しかし囚人は舐めない。

空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人1

yun2-1

この刑務所所長の娘である女看守の遊び用に作られた特別独房に若い娘の家に侵入しては縛り上げ飽きるまで何度も犯し、しかも全て膣内に射精するという行為を15件も繰り返した囚人が投獄された。女看守はこの囚人を懲らしめるため自ら選び投獄し水食事を与えずオナニーもさせないよう手錠をして空腹と射精管理で服従させ精神的に支配し人間玩具にする遊びをいつものように開始する。女看守の命令に背けば水食事も与えられず全ての照明を消され数日間放置される囚人は初め反抗するが徐々に女看守の屈辱的な命令に従うようになっていく。女看守は囚人にケツを出させ自分の手で広げて肛門を観察し、チンポを出させ包茎短小と罵り、チンポを揺らして踊らせて、わざと水を床にこぼして囚人に舐め取らせるなど屈辱的な遊びを楽しむ。

妻の性奴隷へと落ちていく夫3

lum1-3

妻は浣腸され苦しむ夫に紙おむつを履かせ、奴隷に夫の腹の上にのしかかるよう命令し、のしかかった奴隷の上に更に妻が乗るなどして夫の腹をさんざん責め立てる。浣腸され苦しむ夫は我慢していたがとうとう紙おむつの中にクソを垂れ流してしまうと妻は「あれ?あなた、しちゃったの?おもらししちゃったのアハハハ」と笑い放つ、妻は紙おむつの中を覗き大量のクソを確認すると紙おむつの中に排出してしまい恥ずかしさで一杯の夫の顔を見て「あなた、たっぷり出しちゃったわねフフフ」とほほ笑む、妻はクソを手ですくうと「食べなさい」と夫の口に押しつける、抵抗する夫だが口に顔に頭にクソまみれになる。夫は足枷をされ両手を天上から吊るされている、妻は何種類もの鞭を用意し「あなた、私のこと愛してる?愛してるなら私の愛の鞭も耐えられるわよねフフフ」と鞭打ちを始める。最初はゆるいバラ鞭から徐々に強い鞭に変え妻は夫を微笑みながら鞭打って楽しんでいく、夫はバラ鞭でも苦しむが1本鞭になったあたりから体をよじりながら悲鳴を上げ始める、しかし妻はきつい1本鞭、鋲が付いたスパンキング鞭、ケイン、ロング乗馬鞭と更に強い鞭に持ち変えては責め立てる、ケインが折れるほどの強打で夫の体はあっと言う間にボロボロになっていく。