「2016年5月」の記事一覧

綺羅 専属奴隷への最終試験1

kira5-1

綺羅女王様は専属奴隷として何年も調教を重ねてきたマゾ男に最終試験を行う、今日の責めに耐え最後に専属奴隷の証しである焼印を押して始めて合格となるのである。綺羅女王様はマゾ男に首輪をしてリードで引っ張り登場し靴底をマゾ男の口に当てながら今日が専属奴隷への最終試験と告げる、マゾ男の両乳首は貫通されており綺羅女王様は乳首に鉄の重りをブル下げる、重みで苦しむマゾ男だが綺羅女王様は重りを追加して更なる試練を与える。綺羅女王様はマゾ男をギロチン台に拘束し四つん這いにしてアナル拡張の成果を試すべく指を挿入していく、どんどん入っていく綺羅女王様の指はついに腕まで達しフィストを完全にアナルに食べさせる。

棗レイラ 家畜人絶対服従飼育6

natsume6

イスに座った棗レイラ女王様は足をなげ出し家畜人に舐めて足を掃除させる、棗レイラ女王様が家畜人のノドの奥まで足を突っ込むと家畜人はゲホゲホとむせ返る。次の家畜人絶対服従飼育は犬の調教である、棗レイラ女王様は「待て、伏せ、お手、おかわり、チンチン、くぐれ(股下を右回り)、くぐる(股下を左回り)」を意地悪に早口で言う、家畜人は間違えると鞭で尻を叩かれるので必死である。次に棗レイラ女王様は家畜人のアナルを開発する、家畜人を四つん這いにさせると棗レイラ女王様はゴム手袋をはめアナルに1本また1本と指をすべり込ませていく、その度に家畜人は声を上げて苦しむ。

棗レイラ 家畜人絶対服従飼育5

natsume5

次の家畜人絶対服従飼育は呼吸管理である、棗レイラ女王様はその美しい足を家畜人の首に巻き付け締め上げる、呼吸ができない家畜人の顔はすぐに真っ赤になり血管が浮き出る。棗レイラ女王様は家畜人を仰向けに寝かせると顔をお尻で踏み潰し呼吸を止める、お尻の下敷きになり苦しむ家畜人は足をバタバタさせてもがいている、棗レイラ女王様はお尻、股間、両手で口と鼻を塞いでは家畜人に呼吸をさせずに笑っている。棗レイラ女王様は「休憩ね」とタバコに火をつけ一服する、タバコとなれば再び体で消されると連鎖的に反応してしまう家畜人だが案の定棗レイラ女王様はニコニコしながら「どこがいい?」と問いただす、棗レイラ女王様は体のどこでタバコを消すか聞いているのだ、観念した家畜人がヒザのお皿を指さすと棗レイラ女王様は「分かった」とタバコをヒザに押し当てる、あまりの熱さに倒れ込む家畜人だが棗レイラ女王様は「まだ消えてないよ」と家畜人を起き上がらせては完全にタバコが消えるまで何度も押し当てる。