「MLDO-072 専属奴隷への最終試験」の記事一覧

綺羅 専属奴隷への最終試験5

kira5-5

鞭を打たれながらオナニーをしているマゾ男が射精してしまうと綺羅女王様は鉄の爪を装着しマゾ男の体中を引っ掻き回す、鉄の爪の跡がマゾ男の体中に残ると綺羅女王様はその傷口にロウを垂らし始める、傷口にしみるロウは辛くマゾ男は泣き叫ぶ。綺羅女王様はマゾ男を十字架に張り付けると体に付いたロウを鞭で叩いて落とし始める、重い鞭が容赦なく襲いかかりマゾ男は地獄をみる。綺羅女王様はマゾ男の貫通している両乳首に南京錠をはめてカギを掛ける、カギは綺羅女王様が所有しているため外すことはできない、そうこのマゾ男が綺羅女王様の私物である証しである。綺羅女王様はマゾ男の腕を縛り上げると鉄の焼印を手にする、焼印には綺羅女王様の名前が彫ってあり綺羅女王様は焼印をガスバーナーで炙り始める、そして熱くなった焼印をマゾ男の腕に押し付けた、マゾ男は叫びまくり一瞬で皮膚の焼ける匂いが充満する、押し終わった焼印を水につけるとジューと音がしている。綺羅女王様はマゾ男を床に寝かせ口めがけてクソをする、専属奴隷への最終試験に合格するには綺羅女王様の体から出る物はもちろん全て食べられなければならない。

綺羅 専属奴隷への最終試験4

kira5-4

イスに座った綺羅女王様はマゾ男にブーツの舐め掃除をさせる、手を抜けば何をされるか分からないマゾ男は靴底やヒールのかかとまで必死に舐め上げている、綺羅女王様はブーツのつま先をマゾ男の口に入れると思い切り喉元まで押し込みマゾ男はゲホゲホとむせ返える。靴磨きが上手にできないと綺羅女王様は電極棒をマゾ男に押し当てる、電極棒を乳首に当てもう片方の電極棒を別の乳首に当てると通電しマゾ男は悲鳴を上げる、綺羅女王様はマゾ男の金玉1つ1つに電極棒を押し付けるとマゾ男は叫びもがく。綺羅女王様はマゾ男を床に寝かせると顔の上に立ち小便を放出する、小便は口に顔にまき散らされ床にも散乱する、もちろん床に流れた小便は最後の一滴まで舐め取らされる。
綺羅女王様はマゾ男をベッドで四つんばいにさせると強制オナニーを命じる、綺羅女王様はマゾ男がオナニーをしている最中は1本鞭で尻を叩く、1本鞭を受けている時がオナニーできる時であり鞭は痛い物ではなく気持ちいい物だと教え込むためだ、マゾ男自ら鞭をお願いするようになるまでオナニー中は必ず鞭を打つのである。

綺羅 専属奴隷への最終試験3

kira5-3

綺羅女王様の1本鞭は更に激しくなっていく、マゾ男がバテて歩き出すと足めがけて強烈な1本鞭をお見舞いしマゾ男は叫び声を上げて再び走り出す、綺羅女王様のお許しが出るまで走るしかないのである。綺羅女王様はマゾ男を完全に縛り吊し上げる、宙に浮いたマゾ男をグルグル回しながら1本鞭を浴びせて行く、マゾ男は泣き叫んでいるが専属奴隷への最終試験はこんなものでは終わらない、綺羅女王様は鞭を置くとマゾ男の体によじ登り始める、綺羅女王様の全体重がかかったブーツがマゾ男の体中に食い込む、綺羅女王様は笑いながら宙に浮いたマゾ男の体の上で暴れている、マゾ男は失神寸前まで追い込まれるが綺羅女王様は一向に止める気配はない。