「MLDO-137 エミル女王様を崇拝するマゾ男専属奴隷達」の記事一覧

エミル女王様を崇拝するマゾ男専属奴隷達

emiru3-s

エミル女王様は8人いる専属奴隷の中から4人を招集し代わる代わるプレイを楽しむ。招集された汚物が大好物の奴隷には生理ナプキン、足の皮、鼻くそ、マンカスを舐めさせ食べさせ強制射精後には自らの精液を舐めて掃除させ、ハード奴隷には逆さずりにし鞭の雨を降らせ、女装奴隷達には挿入したアナルフックを天上から吊るし、ディルドを床に固定し挿入させペニスバンドを口に押し込む。エミル女王様はマゾ男専属奴隷達に聖水を飲ませクソを喰わせ、エミル女王様を崇拝するマゾ男専属奴隷達はどんな厳しいプレイにも絶対服従しなければならない。

エミル女王様を崇拝するマゾ男専属奴隷達6

emiru3-6

女装奴隷が手を縛られ天上から吊るされて立たされている、エミル女王様がニヤニヤしながらやってきてお尻の前でかがむとパンストを引き裂きショーツを下げアナル丸出しにさせる、エミル女王様は手袋をしてアナルに指を挿入しようとするが「あれ、どこだろう、分からない」と意地悪してなかなか挿入してあげない。エミル女王様は床にペニス型ディルドを固定しちょうど男性があお向けに寝て勃起しているような状態である、エミル女王様は女装奴隷をしゃがませてアナルにその固定ディルドを挿入させる、女装奴隷は和式トイレにしゃがむような体制でアナルに固定ディルドが挿入され腰を上下する度にディルドがアナルに全部隠れたり見えたりしている。エミル女王様には特大のペニスバンドが装着されておりペニスを女装奴隷の口に押し込みフェラチオをさせる、そのペニスは射精するかのごとく液体を放出することができ、散々フェラチオさせた後女装奴隷の顔や口にペニスから白い液体が発射され、まるで射精したかのようである。

エミル女王様を崇拝するマゾ男専属奴隷達5

emiru3-5

エミル女王様は女装奴隷の尻を鞭でめった打ちにすると女装奴隷を床に寝かせ今度はロウソク責めを楽しむ、大きいロウソクが1本2本と追加されていき3本のロウソクが女装奴隷の体にボタボタ落ちる度に悲鳴が響く、エミル女王様は女装奴隷のショーツを下げペニスを出させると笑みを浮かべながらペニスに直接ロウを垂らして遊ぶ。エミル女王様はハード奴隷を呼び床に寝かせペニスを出させると尿道ブジーセットを取出し細いブジーから順に挿入していく、不思議なことにハード奴隷は尿道にブジーを挿入されながら勃起状態である、4番目に太いブジーを挿入されたころからハード奴隷は苦しみもがき出すがエミル女王様は片手で勃起ペニスをしっかりと握りしめ太いブジーを上下にスルスルと出したり入れたりして遊んでいる。エミル女王様はブジーを抜き取るとその勃起ペニスを手でシゴキ上げ6ヶ月も射精管理され精液が溜まりっぱなしのハード奴隷がイキそうになると「ダメよ」と寸止めする。エミル女王様はハード奴隷の顔の上にしゃがむと聖水を口に流し込む、すると「あっ黄金もしたくなっちゃった」と言いお尻からブリッとの音がするとクソが肛門から飛び出すかのようにハード奴隷の口便器に勢いよくまき散らされた、もちろん口の中のクソはきっちりと全て完食させられる。