「MLDO-140 格闘ジム最強女トレーナー達の新入男鉄拳制裁」の記事一覧

格闘ジム最強女トレーナー達の新入男鉄拳制裁

harunayunis

YUNI(柔道インターハイ王者、元全日本強化選手、総合格闘家)生駒はるな(空手家、黒帯)の最強女子トレーナー達が練習に励む格闘ジムに新入男子達がやって来た。女子トレーナー達は基礎体力づくりとして男子達を徹底的にシゴキあげ、教えるとして容赦なく技をかけまくり、練習台として人間サンドバッグにし、スパーリングとしてボコボコにし、先輩の体のケアとして足の指の間からオマ○コまで舐め奉仕させ、男子達が何か変だと気が付いたころには時すでに遅く、女子トレーナー達は楽しみながら新人をいたぶり、服従させ、このジムを支配しているサド女王であり男子達はすでに女子トレーナー達の言いなりの奴隷と化していた。最後の男対女のチーム別対抗試合の結果はいかに。

格闘ジム最強女トレーナー達の新入男鉄拳制裁6

harunayuni1-6

女子トレーナー達は「パンチングミットを付けてスパーリングの相手をしてもらう」と言いだし男子達にミットをさせる、女子トレーナー達のパンチやキックがミットを叩くがそれで終わるはずがない、女子トレーナー達はわざとミットを外して男子達の体にパンチとキックを浴びせる、体に当たる頻度が徐々に増えこれはもう単なるいじめである。 女子トレーナー達は「お待ちかねの男女対抗チーム戦を行う」として男子達にもグローブを付けさせる、ゴングが鳴ると試合の始まりである、男子達も攻撃していいのだが格闘上段者の女子たちと素人の男子達の力の差は歴然であり男子達は逃げ回る展開となる、しかし女子トレーナー達にはこっちの方が面白く燃えるのである、それは動く標的だからである、女子トレーナー達は練習の時より強烈な攻撃を猫が鼠を仕留めるかのように狙いを定めて繰り出し、じわじわと男子達をなぶり殺しにしていく。

格闘ジム最強女トレーナー達の新入男鉄拳制裁5

harunayuni1-5

打撃と寝技関節技のいびりが終わると女子トレーナー達はヒソヒソ耳打ちしてだらしなかった方を決める、決められた男子は寝かされ如雨露にホースが付いた聖水器を咥えさせられる、女子トレーナー達が顔の上に立ちトレーニングウェアをずらしオマンコを出すと如雨露に小便を放出する、小便はホースを伝わり男子の口の中に流し込まれる、女子トレーナーは「おいしいか?どんな味がするのアハハハ」と笑っている、練習の手を抜けば罰が待っているのである。女子トレーナー達は「このジムの伝統で新人は先輩の体のケアをしなくてはならない」と言い男子達にマッサージをさせる、次に女子トレーナー達は「足の指の間まで1本1本舐めて掃除しろ」と言い出す、驚く男子達に「これもこのジムの伝統だ黙ってやれ!」とうなり散らす、男子達は女子トレーナー達の足を抱えると指の間まで舌で舐め始めた。女子トレーナー達はお互いの目を見てほほ笑むとショーツを脱ぎオマンコを丸出しにしてイスに座る、驚いている男子達をしばらく凝視すると「オマンコ舐めろ」と命令する、驚く男子達に「これも伝統だ舐めないと腕立て1000回させるぞ」と言い放つ、男子達は四つんばいになって女子トレーナー達のオマンコをペロペロと舐め始める、女子トレーナー達は必死にオマンコを舐めている男子達を見て「いい眺めだ、もっと丁寧に舐めろ、穴の中まで舌を入れて舐めろ、そこそこ気持ちいいよー、アハハハ」と上機嫌である。このクンニ舐め奉仕は毎日させられることになる。