「MLDO-142 家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活」の記事一覧

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活

akanes

男は4日で精子が満杯になるとも言われている、貞操帯でペニスを下向きに固定され勃起すらできず射精を抑え込まれ管理されることは男にとって最大の苦しみであり、何とかカギを開けてもらおうとカギを持つ者に徐々に媚を売り優しく振舞うようになりしまいには言いなりになってしまう。浮気が発覚した夫は妻に貞操帯を装着され仕事も辞めさせられ外出も禁止された、そして妻が仕事をして夫が家事をするという逆夫婦関係が始まった。あれから1年を経った今、夫は妻の言いなりにマゾ化されているのか、妻は夫をゴミのように扱っているのか、性生活はどうなったのか、その気になる夫婦生活を覗いてみた。

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活6

akane1-4

妻は玄関で「あなた、今日同窓会だから遅くなるわよ、ちゃんと掃除しておくのよ」と告げ出かける、しかし同窓会ではない浮気相手とセックスしに行くのである。夫が掃除していると浮気をして来た妻が帰ってくる、妻は「最近私の言いつけ守ってるから私の1日履いたパンティー舐めながらオナニーさせてあげる」と優しい、貞操帯を外してもらった夫はチンポをしごきながら「茜様の汚れたパンティー舐めながらオナニーさせて下さい」と何度も言わされる、妻がパンティーを脱いで放り投げると夫は喜んで舐めながらオナニーを始める、妻が優しいのには訳があった、妻はさっきまで浮気相手とセックスを楽しみ中出ししたまま洗わないでパンティーを履いて帰って来たのだ、パンティーには浮気相手の精子と妻の愛液がたっぷり着いているのだ、そうとも知らずに夫はそのパンティーを舐めながらオナニーしている、妻はそれに興奮するのだ。夫は妻に射精の許可をもらって2か月ぶりに射精できた、妻は「またしばらく貞操帯だから続けてもう1回イッておく?」と夫に言うと夫は喜び妻が「3分以内にイキなさい」と言うと焦って再びオナニーを始める、しかし3分で続けて射精できるわけはない、3分が経ち夫は良いところで時間切れになり再び性欲が高まった状態で止められてしまう、妻の狙いどおりである、妻は床に射精したザーメンを夫に舐め取らせて笑う。妻は洗面所で髪をといている夫はイスにされている、妻が立ち上がり歯磨きを始めパンティーを脱ぐと夫はケツの穴とオマ○コを舐め掃除させられる、妻は歯磨きが終わり水で口をゆすぐとその水を夫の顔に何度も吐きかける。妻はお休み前にベッドで本を読んでいる、夫はクンニさせられているお休み前のお努めである、妻が本を置き横になると「私が寝るまでお願いね」と寝るまで夫にクンニさせる、妻は気持ちのいいままぐっすりと眠りにつくのである。

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活5

akane1-3

夜の調教の時間である、黒のボンテージに着替えた妻は「あなたは貞操帯でオチンポでイクことはできないからお尻でイケるようにならないとねフフフ」と夫にアナル調教を毎晩している。妻はゴム手袋をはめて夫のアナルに指を1本2本と挿入してかき回しアナルを拡張する、次にアナルバイブを挿入し指が届かない奥まで開発する。妻はペニスバンドを装着すると「入れてもらう前に女の子は何をするのかしら?フフフ」と夫にフェラチオさせる、妻が「エイッ!」と喉の奥までペニスを突っ込むと夫はゴホゴホむせ返えり妻は笑みを浮かべている。さんざん夫にフェラチオさせた妻は夫を四つん這いにするとバックからペニスを挿入し犯し始める、ペニスはゆっくり動いていたと思えば突然早く動き夫のアナルの中に見え隠れしている、そして妻が「エイッ!」とペニスを突き刺すとペニスは夫のアナルに全て入り見えなくなった、妻は笑いながら夫を犯し続ける。