京 再訓練施設エリート教官5

kyou1-5

次は肛門筋肉の強化である、京女王様は奴隷のアナルにバイブを突っ込むと1本鞭で叩いてバイブを落とそうとする、奴隷は肛門をきっちり締めてバイブを落としてはならないのだ、しかし鞭は必ずバイブに当たるとは限らない、バイブを外れては奴隷の尻に直撃する、バイブが少しずつ出てくると「ほら出てきてるぞアハハ」と京女王様はアナルに刺さっているバイブをブーツで思い切り蹴って奥に戻す、これがきついようで奴隷は泣き叫ぶ。次の更生プログラムはロウソク責めである、京女王様は奴隷が逃げられないように首輪とリードをしてロウを体中に垂らして遊ぶ、奴隷はもがいて逃げようとするがリードで引っ張られて戻させ再びロウの餌食になる、当然ペニスにも直接ロウを垂らされ奴隷はのた打ち回るが京女王様は楽しんで止めない。次は乗馬の訓練である、奴隷のアナルにしっぽを突っ込み馬らしくさせた京女王様は自分の回りをウォーミングアップで馬のように走らせる、もたもたしていると1本鞭が飛び奴隷は馬として走り回る。