綺羅 極限アナル開発 M男肉体改造6

kira6-6

綺羅女王様はマゾ男に首輪とリードを装着しアームバインダーで両手を後ろに拘束し足でマゾ男を床に転がし首をリードで持ち上げて苦しめて遊ぶ。綺羅女王様は10連ボール状になったペニス尿道拡張プラグをマゾ男の尿道に差し込んで行きM男肉体改造を行う、ボールが1つまた1つとマゾ男の尿道に隠れていくとマゾ男は悲鳴を上げる、そして綺羅女王様が力を入れるとボール8個までプラグが尿道に差し込まれマゾ男はもがき苦しむ、綺羅女王様がプラグを持ち「自分で抜いてごらんフフフ」と言うとマゾ男は腰を引いて自ら尿道拡張プラグを一気に引き抜き激痛で倒れ込む、しかし綺羅女王様は更に太い尿道拡張プラグを持ち出しマゾ男の尿道に笑いながら差し込んで行く、そしてプラグが尿道に刺さったまま首輪を引いてマゾ男を牢屋に入れる。綺羅女王様は牢屋に入ったマゾ男のアームバインダーをほどき代わりに手錠をするとその鍵をケインの先に吊るして見せびらかし「明日までに自分でこの鍵を使って手錠を外し正座して待っていなさいフフフ」と笑いながら命令する、綺羅女王様が納得するまで明日もこの厳しい極限アナル開発 M男肉体改造は行われるのである。