空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人2

yun2-2

女看守はブーツを舐め掃除しろと命令するが囚人は反抗したため2日間放置させる。女看守は2日後に現れブーツを再び舐めるように命令すると空腹に耐えかねた囚人はペロペロと舐めだす、女看守はまた1つ囚人を服従させ満足感と共に笑って見ている。女看守は唯一の食事であるパンをわざと床に落としブーツで踏みつける、空腹の囚人は潰されたパンとブーツの底に張り付いたパンを必死に食べるしかない。女看守はコップに小便をし囚人の前に置いた皿に入れ更に水を入れ囚人の大切な水が小便と混ざる、女看守は「今後小便入りの水しか与えない」と言い放ち飲むように命令するが囚人が飲まないため再び放置する、しかし数日後に現れた時には囚人はあきらめて女看守の見ている前で小便水を飲むと女看守は罵声を浴びせ笑う。女看守は囚人に首輪とリードを付けパンティーを脱いで「オマンコ舐めろ」と命令するが囚人は拒否する、すると女看守はリードを引っ張り囚人の顔をオマンコに張り付けさせる、しかし囚人は舐めない。