空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人3

yun2-3

オマンコを舐めない囚人に対し女看守は牢屋のカギを開けて中に入り力ずくでオマンコを舐めさせようと暴行し顔面騎乗でオマンコを口に押し付ける、逃げる囚人と舐めさせる女看守との攻防が繰り広げられる。それでもオマンコを舐めない囚人に対し女看守は放置の罰を与える。数日後女看守が現れ優しい言葉でオマンコさせ舐めれば水も食事をもらえると話すと囚人は屈辱を感じながらも女看守のオマンコを舐め始める、女看守はオマンコを舐めだした囚人を見下ろしながら「アハハハ、人を服従させて自分のマンコを舐めさせる、初めて舌がマンコに触れた瞬間がたまらないんだよ、分かる?この征服感?アハハハ」と笑い飛ばす。しかし、囚人は小便水と床で踏み潰されツバをかけられたパンしかもらえないのである。