空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人5

yun2-5

女看守はいつものようにコップに小便をする、しかしいつもと違うのは水を混ぜず「今日からお前の水分補給は私の小便だけだ」と言い放ち如雨露にホースが付いた聖水器を囚人に咥えさせツバを吐いた後100%の小便を如雨露に入れホースを伝わって囚人の口に流し込む。女看守は読書をしながら囚人にオマンコを舐めさせている、女看守は「今日は2回イクまでだからな」と囚人に命令している、オナニーマシン育成の日課である。女看守はいつものように囚人にオナニーさせ寸止めを繰り返している、もう19日間も寸止めされ精子がパンパンで放出できず囚人の頭は狂いそうである。女看守はケツ穴開発としてペニスバンドをして囚人にフェラチオさせ、アナルに挿入し毎日少しずつ囚人のアナルを拡張している。