夢でいつも同じギャル達にいじめられるマゾ男2

gal4-2

マゾ男を寝かせてお尻で顔を潰して遊んでいたギャル達は「おもしろい物があるんだよ」とトンカチを持ち出し「これで顔面整形していいですか?アハハハ、これでこの醜い顔を直していいですか?アハハハ」と顔面にトンカチを振り上げる。 マゾ男は洋式トイレの下で縛られ便座にはホースが付いた如雨露が設置されていてホースはマゾ男の口にガムテープで直結されている、小便をしたらマゾ男の口に流れ込む仕組みだ、制服ギャル達が「トイレがある」とやって来て如雨露にツバや痰を吐く、「トイレ見たらおしっこしたくなっちゃった」と白ギャルが笑いながら便座に座り小便をすると小便は一滴残らずマゾ男の口へと流れ込む、黒ギャルも「私もおしっこしーちゃおう」と便座に座る、カメラはマゾ男目線で便座の下から黒ギャルがパンティーを脱ぎ座りオマ○コが目の前に迫りオマ○コから小便が放出される様子をしっかりとらえ見ている、私達が実際に黒ギャルに小便を飲まされているようでリアルである、ギャル達は小便が終わると「おなか空いてるでしょフフフ」と画鋲をケースごと持ち出し如雨露の中に投げ込んだ。マゾ男は縛られ仰向けに寝かされている、制服ギャル達がやって来て「じゅうたんだ」とマゾ男の体を踏んだり体に乗ったり飛び跳ねたり顔の上に両足で乗り全体重をかけてマゾ男を苦しめて遊ぶ、ギャル達は「もっとサービスして踏んであげるねフフフ」と靴底に剣山が貼ってあるローハーを履き「心の準備はいいですか?アハハ」とマゾ男の顔に足を振りかざした。マゾ男は手を後ろに縛られロープの付いた首輪をされ立たされている、制服の黒ギャルがやってきて「ねぇキスして」と顔を近づける、しかしマゾ男はロープで黒ギャルのくちびるまで数センチのところで届かない、黒ギャルは舌を出し舌がギリギリ届かないマゾ男を挑発して微笑んでいる、黒ギャルはブラウスとブラジャーをじらしながら脱ぐがマゾ男はギリギリ届かない、黒ギャルの大きな胸がお披露目されるが乳首数センチのところでマゾ男の舌は届かない、そして黒ギャルはとうとうスカートとパンティーを脱ぎオマ○コを見せつけ「好きにしていいよ、舐めたい?」とオマ○コを指で広げたり笑いながら挑発する、マゾ男は目の前のオマ○コにギリギリ届かず何もできない、カメラがマゾ男目線になる時は見ている私達が黒ギャルに実際に挑発され生殺しにされているようだ。