「MLDE-003 兎女鬼女王様と崇拝する奴隷信者達」の記事一覧

兎女鬼女王様と崇拝する奴隷信者達3

tomeki1-3

兎女鬼女王様はマゾ男1人を天井から逆さ吊りにする、マゾ男は完全に体が宙に浮き縛られた足と血が頭に上って苦しむが兎女鬼女王様はそのまま巻き1本鞭を222発浴びせマゾ男に数を数えさせる、マゾ男の体は1本鞭に巻かれてみるみるうちに腫れ上がっていく、兎女鬼女王様は逆さ1本鞭222発を浴びてグッタリするマゾ男を床で縛りあげると今度はケインとパドルで尻をめった打ちにする、なおマゾ男の尻にはTOMEKIと焼き印がすでに以前の調教でされていた。次はM女の番である、兎女鬼女王様はM女の手を縛り吊りあげ足枷をすると巻き1本鞭を222発浴びせる、20歳の女だからといって容赦はしない、マゾ男同等の強さでM女の白い体を鞭跡で染めていく、時折M女の苦しむか細い声がいろっぽい。

兎女鬼女王様と崇拝する奴隷信者達2

tomeki1-2

兎女鬼女王様は踏みつけに1番耐えた奴隷に更にご褒美を与えるとして奴隷達の顔や体を踏み歩きM女にも容赦をしない。兎女鬼女王様は喉が渇いたでしょと聖水を与える、奴隷達を仰向けに寝かせ大中小の大きさの如雨露をそれぞれ咥えさせ顔の上に立って小便を垂れ流し飲ませていく、兎女鬼女王様は如雨露に付いている小便の水滴や床にこぼれた小便まで全て飲み干させる。兎女鬼女王様はブーツを逃がさせ蒸れた足の臭いを嗅がせてご主人様の匂いを覚えさせる、兎女鬼女王様は奴隷達を仰向けに寝かせると蒸れた足で顔を踏み、口に押し込み臭いを脱臭させる、兎女鬼女王様が口の中に足入れ喉元まで押し込むものだから奴隷達、特にM女は苦しみもがく。

兎女鬼女王様と崇拝する奴隷信者達1

tomeki1-1

兎女鬼女王様はマゾ男2人と20歳のM女1人にご褒美として唾を目薬代わりに目の中、口の中、鼻の穴の中に垂らして遊ぶ、鼻の穴に唾を垂らされたM女は唾を全て吸いこまされる。兎女鬼女王様は粗食としてケーキを床に落としブーツで踏みつぶしてブーツの裏を舐め掃除させる、そして床の残飯を舐め取らせるのだが這いつくばっているマゾ男の体をヒールで踏みつけ苦しみを味わいさせながら餌を与える。兎女鬼女王様は口の中でケーキやバナナをグチャグチャに噛み砕き奴隷達を仰向けに寝かせて口の中に吐き出し食べさせていく、しかしその間も乳首つねりあげやヒール踏みつけも欠かさず奴隷達はもがき苦しみながら餌を食べさせられる。