「MLDO-084 奴隷市場の拾い物」の記事一覧

ユン 奴隷市場の拾い物7

yun1-7

勝手に射精した罰として奴隷は洋式トイレの下に縛られ黄金を再び食わされる、当然口には口開器がはめられ閉じることはできない。ユン女王様は
パンティーを下しトイレに座ると「たくさん出してやるからな覚悟しろよフフフ」と肛門に力を込める、肛門からモリモリとクソが絞り出されてくる、悲鳴をあげる奴隷だが為す術もない、クソがボトボトと男の口めがけて落ち始める、奴隷はクソが口に入って吐き気をもよおすがユン女王様はお構いなしにクソをする、ユン女王様はゴム手袋をすると口からこぼれ落ちたクソを奴隷の口に押し込みガムテープで塞ぎ「しっかり味わえよアハハ」と立ち去る。
再び奴隷市場の拾い物は完食までの長い時間を過ごす事になる。

ユン 奴隷市場の拾い物6

yun1-6

次にユン女王様は犬の調教を始める、奴隷に首輪をはめて「お手、お代わり、待て、伏せ、チンチン、股をくぐれ」など犬に次々と指令を出し、遅かったり間違ったりするとスパンキング鞭で犬の尻を叩き上げ調教していく。ユン女王様は「喉が渇いただろうフフフ」と奴隷をあお向けに寝かせてペットボトルを半分に切った聖水器を咥えさせ立って小便を器に放出する、器の中の小便は全て奴隷の口へと流れ込んでいく、
床に飛び散った小便は当然舐めて掃除させられる。ユン女王様は奴隷を鉄格子に縛り電マでペニスを責める、奴隷は女王様の許可なしに勝手に射精はできない、そう射精を我慢させる訓練である。ユン女王様の電マが奴隷の勃起してしまっているペニスを執拗に責める、奴隷は射精しないよう必死に耐える、ユン女王様は手袋をして直接ペニスをしごき責めると奴隷は耐えきれずペニスから精子を飛び散らす、ユン女王様は「悪いチンポだな」と射精したばかりのペニスをしごき続ける、奴隷はのた打ち回りしゃがみこむがユン様は一向に手を止めず苦しみもがく奴隷の顔を見てニヤニヤしている。

ユン 奴隷市場の拾い物5

yun1-5

次はクンニ舌奉仕の時間である、ユン女王様はパンティーを脱ぎ局部をお披露目すると「舐めろ」と舌奉仕を命じ奴隷は一生懸命舐め始める。ユン女王様は局部を必死で舐める奴隷を見下ろし「いい眺めだ、舐めさせているのを見るのが好きなんだよアハハハ」とニヤニヤしている。ユン女王様は立ったり座ったり後ろを向いてアナルを舐めさせたり体制を変えては舌奉仕を命じる、上手にできないと乗馬鞭で奴隷を叩き上げる。次にユン女王様は奴隷をちんぐり返しにさせ「ケツ穴開発」と言ってバイブをアナルに突っ込みアナル調教を始める、バイブがゆっくり入ったかと思えば突然激しく出し入れされ奴隷はもがき苦しむ。ユン女王様は花を持って来て「お前のケツを花瓶にする」と花を1本1本アナルに差し込んでいく。ユン女王様は「あらきれい、ほら見なさい、こうした方がいいかなアハハハ」と奴隷に屈辱的な言葉を言いながら花を差して行き、いつしか奴隷市場の拾い物のアナルは生け花で満開となる。

ユン 奴隷市場の拾い物4

yun1-4

ユン女王様は馬にまたがり本格的に乗馬を始める、ユン女王様を乗せた馬は右へ左へと言われるままに四つん這いで歩く、ユン女王様は馬が疲れて遅くなると乗馬鞭を尻に1発入れ再び早く進ませる、馬が疲れてダウンすると馬を踏みつけて
鞭を何発も入れて起き上がらせては引き続き乗馬を楽しむ。次にユン女王様は和式トイレの下に奴隷を縛り付ける、そう奴隷を便器にして黄金を喰わせるのだ、それだけは勘弁して下さいと奴隷は嘆願するがユン女王様が許すはずもなく口に口開器を装着させ閉じられなくする、ユン女王様はトイレに乗るとパンティーを下してかがむ、奴隷はユン女王様の肛門に目をやる、すると肛門が開きクソが姿を現し始める、奴隷は悲鳴をあげるが逃げられず口も閉じられない、クソは徐々に下へと伸びてその全容を現す、ユン女王様は男を見下ろしてニヤニヤしている、そして「うん」と力むと見事な1本クソは切れ無情にも奴隷の口へと落ちる。泣き叫ぶ奴隷にユン女王様は追い討ちで口からこぼれたクソをトングで全て口に押し込めガムテープで塞ぎ「ねぇ、ウンコ食べさせられるってどんな気分なの?アハハハ」と立ち去る。奴隷市場の拾い物は口のクソが徐々に消化されて無くなるまで苦しみを味わうはめになる。

ユン 奴隷市場の拾い物3

yun1-3

奴隷は両手を縛られ吊るされている、運動の時間を迎えたユン女王様はTバックレオタードに着替えその素晴らしい肉体は眩しい限りである。ユン女王様はグローブを付けて奴隷を人間サンドバックにしてエクササイズを始める、ユン女王様は人間ではなくただのサンドバックとしてパンチと蹴りを容赦なく奴隷の体に繰り出す、奴隷は悲鳴をあげて苦しんでいる、時折繰り出される金蹴りが奴隷を更にもがき苦しめる。
次にユン女王様は奴隷を馬にして遊ぶ、ユン女王様の回りを奴隷を馬のように四つん這いで走らせる、遅いと1本鞭をビシビシと馬に浴びせる、馬はヒヒーンと鳴きながら汗だくで走り続けている。

ユン 奴隷市場の拾い物2

yun1-2

奴隷市場から持ち帰られた奴隷はユン女王様に飼って頂こうと忠誠を誓う、ユン女王様にとってはただの暇つぶしの人間玩具である。まずユン女王様はブーツの舌舐め掃除を命じる、奴隷はユン女王様に気に入ってもらおうと這いつくばってユン女王様のブーツを舐めだす、ユン女王様は汚れが舐め取れていないところを見つけては乗馬鞭で奴隷を容赦なく叩く、叩かれた奴隷は悲鳴を上げて更に必死でブーツを舐め掃除する、ユン女王様はその情けない姿を見下ろし微笑んでいる。ブーツが一通り掃除できると
次は靴底の舐め掃除である、ユン女王様はイスに座ると足をなげ出し「ほら、靴の底を舐めて掃除しろ」と命じる、奴隷はユン女王様の足を支えながら靴底をペロペロと舐め始める。

ユン 奴隷市場の拾い物1

yun1-1

奴隷市場で明日廃棄される売れ残り中古奴隷が首から札をかけられ吊るされている、札には無料試し責め1週間貸出し自由と書いてある、ユン女王様はこの中古奴隷を1週間持ち帰るか品定めを始める。ユン女王様は奴隷の舌を引っ張り出し、乳首をつねりあげ腹を叩き、アナルを手で開き状態を確認し、ビンタを何度も食らわし、ペニスを出してお尻をこすりつけ勃起させペニスを引っ張り回し、ブーツでペニスを押し潰すなど奴隷の体や強度を隅々までチェックする。ユン女王様はこの奴隷を最初から飼うつもりなどなく奴隷市場の拾い物として1週間暇つぶしで責め遊ぶためだけに持ち帰るかどうか悩んでいるとも知らず奴隷は飼って頂こうと必死である。