「MLDO-126 M女M男監禁ダブル調教」の記事一覧

鏡華 M女M男監禁ダブル調教

kyoukas

憧れの鏡華女王様に恋心を抱く幸子は意を決して鏡華女王様の家に出向き告白する、しかし恋愛対象ではなく奴隷としてなら一緒にいてあげると言われてしまい、どうしても鏡華女王様に見放されたくない幸子は奴隷になる覚悟を決め初めてM女として調教されていく。幸子が調教され始めると時より聞こえる幸子の悲鳴に心配した隣人の男が鏡華女王様の自宅に押しかけると鏡華女王様と幸子の関係を知ってしまい、鏡華女王様は口を割らせないように奴隷にしてしまおうと男も拉致してしまう。こうして鏡華女王様はM女を調教しながらM女にも手伝わせ更にM男も調教していくダブル調教を始めることになった。

鏡華 M女M男監禁ダブル調教6

kyouka6

鏡華女王様はマゾ男を寝かし足で首をしめて苦しめマゾ女にはペニスを足で責めさせる。鏡華女王様は手ぬぐいを1枚また1枚とマゾ男の顔に重ねていく、徐々に呼吸ができなくなるマゾ男は苦しみもがくが鏡華女王様は両手でマゾ男の口を押さえ付け呼吸をさせない。鏡華女王様はマゾ女に小便をさせボウルに貯めマゾ男に飲ませ床にこぼれた小便もマゾ男に舌で舐め掃除させる、マゾ男が床の舐め掃除が終わると鏡華女王様はグラスにした自らの聖水を再び床にまき散らしマゾ男に舐め掃除させる。1日の調教が終わったマゾ男は檻に入れられ監禁される。M女M男監禁ダブル調教はまだ始まったばかりである。

鏡華 M女M男監禁ダブル調教5

kyouka5

鏡華女王様はマゾ男の上半身を吊るし上げるとペニスを縄で縛りバーベルをぶる下げて持ち上げさせる、マゾ男はペニスが引きちぎれそうになり苦しむが鏡華女王様は更に重りを足して持ち上げさせる。鏡華女王様はマゾ男をギロチン台に挟み四つん這いにさせアナルにティルドを挿入する、鏡華女王様はアナルのティルドを落とさず鞭打ちに耐えるよう言うがマゾ男は耐えられずにティルドを落としてしまうと罰としてマゾ女と2人で猛烈な鞭打ちを浴びせ、更にロウソクをマゾ女に持たせ体に垂らしながらの鞭打ちまでされてしまう。

鏡華 M女M男監禁ダブル調教4

kyouka4

鏡華女王様はマゾ男の両手を吊るし上げるとマゾ女にも加勢させ2人で鞭打ちを始める、マゾ男の体が強烈な鞭で真っ赤に腫れあがって行く。 鏡華女王様はマゾ男を押さえ付けマゾ女に金蹴りをさせる。鏡華女王様はマゾ男を吊るし上げるとマゾ女に火の付いたタバコを渡しマゾ男に押し当てるように申し付ける。鏡華女王様はマゾ男を逆さまにして完全に吊るし上げるとマゾ男の体をサンドバッグにして叩き始めマゾ女にもさせる。

鏡華 M女M男監禁ダブル調教3

kyouka3

鏡華女王様は全裸でイス拘束している女の女性器に電動バイブを突っ込みクリトリスには電マを当てて女を責める、バイブが膣内で暴れまくりクリトリスは電マで集中的に刺激され女はもがく、女は鏡華女王様の思いのままに自分がイカされてしまう事にマゾの感情を抱き始める、鏡華女王様の執拗な女性器責めに女はとうとう潮を噴いて強制的にイカされてしまい、膣から抜いたバイブは「お前が汚したんだろう」と口の中に押し込まれ舐め掃除させられる。鏡華女王様は全裸の女をM字開脚のまま天上から吊るし上げる、女は女性器丸出しでゆらゆらと縄に揺られている、鏡華女王様は女を一回転させうつ伏せに吊るとペニスバンドを装着しバックから女の女性器にねじ込み吊るしたまま犯し始める、鏡華女王様のペニスが女の膣に出たり入ったりしいやらしい音がしている。鏡華女王様は女を四つん這いでイスに拘束すると再びペニスバンドでバックから犯して遊ぶ、女はペニスをズボズボと突っ込まれ喘ぎ声をあげている。近所の男が女の悲鳴を聞きつけ「どうかしましたか?」とやって来る、鏡華女王様はいきなり男を投げ倒し抑え込む、男は突然の出来事に対処できず拘束される、鏡華女王様は男にも女同様のマスクをかぶせると「新しいおもちゃ捕獲」と笑みを浮かべ男も奴隷にしてしまう。鏡華女王様は捕まえたマゾ男を馬にしてマゾ女にリードで引かせ自分は乗馬して楽しむ、マゾ男が重みに耐えられず 鏡華女王様を落馬させてしまうと鏡華女王様はマゾ女にも鞭を持たせ2人でマゾ男を叩き始める。こうしてM女M男監禁ダブル調教は始まった。

鏡華 M女M男監禁ダブル調教2

kyouka2

鏡華女王様は女性器がロウで見えなくなるほど責め遊ぶとマジックペンで女の体に「公衆便所、ご自由にお使いください、メスブタ、女性器の絵、男性器の絵」など笑いながら落書きする。鏡華女王様は裸の女を天上から吊り上げFカップの大きな乳房を洗濯バサミで挟み鞭で叩いて落とす。鏡華女王様は女を完全に吊り上げると縄が女の胸や体に食い込み女は苦しみもがく、しかし鏡華女王様は容赦せずその女の体の上に乗る、女の体重に鏡華女王様の体重が加わり縄がより強く女の肉体にグイグイと食い込む。鏡華女王様は女を全裸にし拘束イスに縛り上げ電動バイブを持ち出し遊び始める、鏡華女王様は電動バイブを女の口に押し込みフェラチオをさせる。

鏡華 M女M男監禁ダブル調教1

kyouka1

鏡華女王様に恋心をいだく女は思い切って鏡華女王様に付き合って欲しいと告白するが「恋愛には興味が無い奴隷としてなら付き合ってあげる」と言われてしまう。どうしても鏡華女王様のそばにいたい女は奴隷として仕える決心をする。 鏡華女王様が女にマスクを着けた瞬間から奴隷になれるか試し責めが始まる。鏡華女王様は 女の乳首と女性器にリモコンバイブを装着させ徐々に強く振動させると女は感じ始めてしまう。鏡華女王様は女に首輪とリードをさせ自らのヒールを投げ女に四つん這いで取りに行かせるが後少しのところでリードを引っ張られ取ることが出来ない。鏡華女王様は女のパンティーを脱がせると電マをクリトリスに当てて振動を強くさせていく、女は感じて局部から愛液が多量に溢れ出てしまう。鏡華女王様は女を全裸にしベッドに縛り付けロウソクで責める、始めてのロウソク責めに女は悲鳴を上げ逃れようとするが手足は拘束され動けない、鏡華女王様のロウは女のFカップはあろう大きな乳房を真っ赤に染め、とうとうそのロウがクリトリスに達すると女は大声で悲鳴を上げる、しかし鏡華女王様は笑いながら女性器に徹底してロウを浴びせる。