「MLDO-139 空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人」の記事一覧

空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人

yun2s

某刑務所の特別独房は刑務所所長の娘である女看守専用の独房として作られ、極度のサド癖がある娘は囚人の中から好みの者を選び投獄しては服従させ人間玩具にし自分の性癖を満たしている。娘は囚人に水と食事を一切与えず射精もさせないことから楽しんでいく、始めは娘に従わない囚人だが空腹には耐えられず射精管理もされ徐々に屈辱的な命令に従うようになり娘の性玩具、虐待人形へと化し娘の糞便までも食うように支配されていく。所長の娘のこの特別独房の存在は刑務所内で暗黙の了解となっており口にする者は誰もいない。女看守が囚人をじわりじわりと精神的に追い込み落としていく作品。

空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人6

yun2-6

女看守は皿を床に置くとパンティーを下しかがみ込む、女看守が力むと肛門からクソが顔を出しブリブリと更に落下する、女看守はその皿を囚人の前に置くと「今日からお前の飯は私のクソのみとするアハハハ」と笑い飛ばし食えと命令する、当然食えない囚人に対し女看守は牢屋に入ると力ずくでクソを食わそうとする、オマンコを始めて舐めさせた時のように逃げる囚人と食わせる女看守の攻防戦である、逃げまくっていた囚人だが女看守に後ろから首を押さえられ手袋をした女看守にクソをつかまれ口に押し込められガムテープで塞がれてしまう、 女看守は「アハハハ、これで食うしかないね、私のうんこ美味しいかしらアハハハ」と笑い飛ばし、牢屋を出ると「完食するまで放置だからな」と立ち去ってしまう、囚人はガムテープでクソを吐き出す事もできず徐々にクソが消化されるという地獄の時間が始まる。翌日女看守が現れ囚人のガムテープを剥がすと口の中のクソはきれいに無くなっていた、女看守は「あら、きれいに食べたじゃない、まぁ食べるしかなかったけどねアハハハ」と罵る、そして再び皿にクソをして持参した小便と共に囚人の前に置き食べろと命じる、囚人が食べないと女看守は優しい声で「食べないと餓死しちゃうよ、また殴られてガムテープいやでしょ」と囁く、囚人があきらめて自らクソを食べ始めると女看守は「アハハハ自らクソを食うようになったか、私が便秘したら死んじゃうね、毎日たくさん食べてうんこモリモリ出さないとねアハハハ」と笑い転げる。35日も寸止めで射精管理に苦しむ囚人に女看守は「今日は射精させてあげる」と優し声で囁き手袋をして手コキをする、夢のような事態に囚人は「有難うございます」と喜び溜まっていたせいで大量の精子をすぐに放出する、すると女看守は「出た出たアハハ、でもこれからが本番なのよ、今日は射精祭りだ、抜き地獄だ何発出るかなアハハ」と射精したばかりのチンポを再び強烈にしごく、女看守の狙いはこれであった、囚人はイッたばかりのチンポをしごかれもがき苦しむが縛られて動けない、囚人の抜き地獄が始まった。女看守は皿を2枚持って来て囚人の前に置くと「1つはお前の小便、1つはお前のクソ用の皿だ、今日からお前の食事は自分の小便とクソとするアハハハ」と笑い飛ばし「そして私は1ヶ月海外でバカンスだ1ヶ月自分の小便とクソを食べて生きていたら一般房に戻して上げる」と立ち去ってしまう、囚人の「助けて下さい、お願いします」の声が響く中、再び全ての照明は消され囚人は1ヵ月間の暗闇に放置されることになる。

空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人5

yun2-5

女看守はいつものようにコップに小便をする、しかしいつもと違うのは水を混ぜず「今日からお前の水分補給は私の小便だけだ」と言い放ち如雨露にホースが付いた聖水器を囚人に咥えさせツバを吐いた後100%の小便を如雨露に入れホースを伝わって囚人の口に流し込む。女看守は読書をしながら囚人にオマンコを舐めさせている、女看守は「今日は2回イクまでだからな」と囚人に命令している、オナニーマシン育成の日課である。女看守はいつものように囚人にオナニーさせ寸止めを繰り返している、もう19日間も寸止めされ精子がパンパンで放出できず囚人の頭は狂いそうである。女看守はケツ穴開発としてペニスバンドをして囚人にフェラチオさせ、アナルに挿入し毎日少しずつ囚人のアナルを拡張している。

空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人4

yun2-4

オマンコを舐めだした囚人を女看守は自分専用のオナニーマシンに育成させるため毎日クンニトレーニングをさせ快楽を楽しむ、女看守はイスに座り鉄格子にオマンコを近づけ囚人に何時間でも舐めさせる、女看守は乗馬鞭を持ち舐めをさぼれば囚人は打たれる、女看守はクンニさせた後はお尻を向けてケツの穴も舐め掃除させる。何日も手錠で射精管理され精子が溜まっている囚人に女看守はオナニーを命じる、女看守の見ている前でオナニーをする囚人だが溜まっている精子を放出するためには背に腹は代えられない、囚人がイキそうになると女看守はオナニーを止めさせ寸止めし再び手錠をする、女看守は自分に服従させるため常に囚人に高い精力を維持させ寸止めさせるのである、囚人は「もう少しでイキそうです、精子が溜まって苦しいんです、どうぞ射精の許可を下さい、お願いします」と土下座して嘆願するが女看守は許可しない、そして「私だけ毎日お前にオマンコ舐めさせてイッてスッキリして、お前は寸止めでイケないってズルイよね、アハハハ」と笑い飛ばす。女看守は囚人を四つん這いにして鉄格子に縛り動けないようにするとペニスバンドを装着して「これからお前のケツの処女をもらう、お前は私の物だ」とペニスをアナルに挿入し犯し出す、痛みで悲鳴を上げる囚人だが女看守は容赦なくケツを犯しまくる。

空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人3

yun2-3

オマンコを舐めない囚人に対し女看守は牢屋のカギを開けて中に入り力ずくでオマンコを舐めさせようと暴行し顔面騎乗でオマンコを口に押し付ける、逃げる囚人と舐めさせる女看守との攻防が繰り広げられる。それでもオマンコを舐めない囚人に対し女看守は放置の罰を与える。数日後女看守が現れ優しい言葉でオマンコさせ舐めれば水も食事をもらえると話すと囚人は屈辱を感じながらも女看守のオマンコを舐め始める、女看守はオマンコを舐めだした囚人を見下ろしながら「アハハハ、人を服従させて自分のマンコを舐めさせる、初めて舌がマンコに触れた瞬間がたまらないんだよ、分かる?この征服感?アハハハ」と笑い飛ばす。しかし、囚人は小便水と床で踏み潰されツバをかけられたパンしかもらえないのである。

空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人2

yun2-2

女看守はブーツを舐め掃除しろと命令するが囚人は反抗したため2日間放置させる。女看守は2日後に現れブーツを再び舐めるように命令すると空腹に耐えかねた囚人はペロペロと舐めだす、女看守はまた1つ囚人を服従させ満足感と共に笑って見ている。女看守は唯一の食事であるパンをわざと床に落としブーツで踏みつける、空腹の囚人は潰されたパンとブーツの底に張り付いたパンを必死に食べるしかない。女看守はコップに小便をし囚人の前に置いた皿に入れ更に水を入れ囚人の大切な水が小便と混ざる、女看守は「今後小便入りの水しか与えない」と言い放ち飲むように命令するが囚人が飲まないため再び放置する、しかし数日後に現れた時には囚人はあきらめて女看守の見ている前で小便水を飲むと女看守は罵声を浴びせ笑う。女看守は囚人に首輪とリードを付けパンティーを脱いで「オマンコ舐めろ」と命令するが囚人は拒否する、すると女看守はリードを引っ張り囚人の顔をオマンコに張り付けさせる、しかし囚人は舐めない。

空腹と射精管理で女看守に支配されていく囚人1

yun2-1

この刑務所所長の娘である女看守の遊び用に作られた特別独房に若い娘の家に侵入しては縛り上げ飽きるまで何度も犯し、しかも全て膣内に射精するという行為を15件も繰り返した囚人が投獄された。女看守はこの囚人を懲らしめるため自ら選び投獄し水食事を与えずオナニーもさせないよう手錠をして空腹と射精管理で服従させ精神的に支配し人間玩具にする遊びをいつものように開始する。女看守の命令に背けば水食事も与えられず全ての照明を消され数日間放置される囚人は初め反抗するが徐々に女看守の屈辱的な命令に従うようになっていく。女看守は囚人にケツを出させ自分の手で広げて肛門を観察し、チンポを出させ包茎短小と罵り、チンポを揺らして踊らせて、わざと水を床にこぼして囚人に舐め取らせるなど屈辱的な遊びを楽しむ。