「MLDO-142 家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活」の記事一覧

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活

akanes

男は4日で精子が満杯になるとも言われている、貞操帯でペニスを下向きに固定され勃起すらできず射精を抑え込まれ管理されることは男にとって最大の苦しみであり、何とかカギを開けてもらおうとカギを持つ者に徐々に媚を売り優しく振舞うようになりしまいには言いなりになってしまう。浮気が発覚した夫は妻に貞操帯を装着され仕事も辞めさせられ外出も禁止された、そして妻が仕事をして夫が家事をするという逆夫婦関係が始まった。あれから1年を経った今、夫は妻の言いなりにマゾ化されているのか、妻は夫をゴミのように扱っているのか、性生活はどうなったのか、その気になる夫婦生活を覗いてみた。

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活6

akane1-4

妻は玄関で「あなた、今日同窓会だから遅くなるわよ、ちゃんと掃除しておくのよ」と告げ出かける、しかし同窓会ではない浮気相手とセックスしに行くのである。夫が掃除していると浮気をして来た妻が帰ってくる、妻は「最近私の言いつけ守ってるから私の1日履いたパンティー舐めながらオナニーさせてあげる」と優しい、貞操帯を外してもらった夫はチンポをしごきながら「茜様の汚れたパンティー舐めながらオナニーさせて下さい」と何度も言わされる、妻がパンティーを脱いで放り投げると夫は喜んで舐めながらオナニーを始める、妻が優しいのには訳があった、妻はさっきまで浮気相手とセックスを楽しみ中出ししたまま洗わないでパンティーを履いて帰って来たのだ、パンティーには浮気相手の精子と妻の愛液がたっぷり着いているのだ、そうとも知らずに夫はそのパンティーを舐めながらオナニーしている、妻はそれに興奮するのだ。夫は妻に射精の許可をもらって2か月ぶりに射精できた、妻は「またしばらく貞操帯だから続けてもう1回イッておく?」と夫に言うと夫は喜び妻が「3分以内にイキなさい」と言うと焦って再びオナニーを始める、しかし3分で続けて射精できるわけはない、3分が経ち夫は良いところで時間切れになり再び性欲が高まった状態で止められてしまう、妻の狙いどおりである、妻は床に射精したザーメンを夫に舐め取らせて笑う。妻は洗面所で髪をといている夫はイスにされている、妻が立ち上がり歯磨きを始めパンティーを脱ぐと夫はケツの穴とオマ○コを舐め掃除させられる、妻は歯磨きが終わり水で口をゆすぐとその水を夫の顔に何度も吐きかける。妻はお休み前にベッドで本を読んでいる、夫はクンニさせられているお休み前のお努めである、妻が本を置き横になると「私が寝るまでお願いね」と寝るまで夫にクンニさせる、妻は気持ちのいいままぐっすりと眠りにつくのである。

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活5

akane1-3

夜の調教の時間である、黒のボンテージに着替えた妻は「あなたは貞操帯でオチンポでイクことはできないからお尻でイケるようにならないとねフフフ」と夫にアナル調教を毎晩している。妻はゴム手袋をはめて夫のアナルに指を1本2本と挿入してかき回しアナルを拡張する、次にアナルバイブを挿入し指が届かない奥まで開発する。妻はペニスバンドを装着すると「入れてもらう前に女の子は何をするのかしら?フフフ」と夫にフェラチオさせる、妻が「エイッ!」と喉の奥までペニスを突っ込むと夫はゴホゴホむせ返えり妻は笑みを浮かべている。さんざん夫にフェラチオさせた妻は夫を四つん這いにするとバックからペニスを挿入し犯し始める、ペニスはゆっくり動いていたと思えば突然早く動き夫のアナルの中に見え隠れしている、そして妻が「エイッ!」とペニスを突き刺すとペニスは夫のアナルに全て入り見えなくなった、妻は笑いながら夫を犯し続ける。

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活4

akane1-4

妻のハイヒールやブーツが多数並べてある床に夫は正座して舐めて掃除させられている、妻の靴の舐め靴磨きは夫の仕事である。妻がやって来て靴をチェックすると汚れが残っており妻は夫に舌を出させ「こうするの、こう、分かる?」とハイヒールの靴底を何度もこすりつける、汚れが残っていた罰で夫は立っている妻の太ももに頭を挟まれ四つんばいにされ乗馬鞭で尻を何度も叩かれる。妻はパンティーを脱いでソファーに座りお菓子を食べながらお笑い動画を見ている、夫はその間四つんばいでクンニ舌奉仕をさせられている、妻は夫を気にすることなく動画を見て笑っている、しばらくすると妻は「あなたー、おしっこ」と言う、夫はペットボトルの底を切った容器を咥え妻の局部の下にあお向けで寝る、妻は夫を見ることなく小便をし夫に飲ませ小便が終わると再び夫をクンニに戻させる、夫はどんな時でも妻におしっこと言われればすぐに便器にならなくてはならない。夫は後ろ手錠をされ立たされている、夫のペニスには洗濯ヒモがつながれており柱と結ばれて張った状態である、妻は洗濯物をそのヒモに掛け干すと「洗濯物落としちゃダメよ」と出かけてしまう。夫は長い時間洗濯物が落ちないようにペニスを動かさず立っていなければならない。妻が帰宅すると洗濯物が落ちてしまっており夫は再び人間便器の罰を受ける、夫は縛られて仰向けに寝かされ口開器をされると妻はパンティーを脱いでしゃがみクソを容赦なくする、妻はゴム手袋でクソを夫の口に全て押し込むと再びガムテープで塞ぎ放置する、夫には妻のクソをゆっくり時間をかけ消化されていく地獄の時間が待っている。

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活3

akane1-3

妻は手錠をした夫を仰向けに寝かせ胸あたりに座りシャワーを浴びる、シャワーや水が夫の顔に流れ落ちるが妻は気にせず洗い続け浮気したオマ○コやケツの穴を夫の顔の上で洗いその汚れを夫に浴びせる。妻は「貞操帯で汚れているからあなたのチンポも洗ってあげるね」とソープを付け手でペニスを洗う、性欲が高まっている夫はすぐに勃起してしまうと「あなた、洗ってるだけでしょ、アハハハ」とペニスをしごきたてる、夫は再びイキそうになるが妻は「はいおしまい」と手を止めてまた寸止めして笑う。妻は「あなたの体も洗ってあげる」と夫をお湯の張った浴槽に入れデッキブラシで顔や体を洗い水中に沈めて遊ぶ。妻は「私もお湯につかろうかしら」と夫の顔にまたがって夫を沈めながらお湯につかる。妻はお尻やオマ○コや足で夫の顔を下敷きにして沈め「あなたー、いいお湯ねーアハハハ」と笑い、夫は水中で息ができずもがき苦しむ。妻は床のゴミに気が付き夫を呼ぶと掃除をさぼったとして罰を与える、妻は夫を洋式トイレの下に仰向けで縛り「あなたにはお仕置きとして私のウンコを食べさせます」と口開器で口を閉じられないようにしてパンティーを下してトイレにまたがり夫を見下ろし「あなたこれがイヤなら二度とさぼらないように反省しなさい」と踏ん張る、すると妻の肛門からクソが顔を出し夫は悲鳴を上げるが妻のクソは夫の口や顔に次々に滑り落ちた。妻はトングで全てのクソを夫の口に押し込むとガムテープで塞ぎ完食するまで放置する。妻は夫を人間便器にしてトイレの水道代も食費もかからないように節約したいと考えている。

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活2

akane1-2

妻はブーツの裏までマゾ夫に舐め掃除させるが汚れが取れないため夫に舌を出させ「こうしないとダメでしょ」と靴底を舌に何度もこすりつける。妻はブーツで蒸れて足が臭くないか夫に匂いを嗅がせる、夫は足の臭いで興奮すると「私の足の臭いを嗅ぎながらオナニーしたい?」と貞操帯をカギで外し夫にチンポをしごかせながら「茜様、足の臭いを嗅ぎながらオナニーさせて下さい」と何度も言わせてからオナニーを許可し目の前でさせる。 しかし妻は夫がイキそうになると手を止めさせ寸止めさせる、妻はこうやって夫の性欲を最高に高めて貞操帯を装着させ言いなりにさせている。妻はシャワーを浴びるので自分の服を夫に脱がさせる、妻がシャワーの時は夫は帰宅して汚れているオマ○コをまず舐めて掃除しなければならない、妻はついさっきまで浮気相手のチンポが入って中出ししてわざと洗ってないオマ○コとも知らずに舐める夫を見て「あなた、今日はどんな味がする?いつもと違う?」と笑みを浮かべる。妻は貞操帯を外されている夫の両手を後ろで手錠をする、こっそりオナニーさせないためである、そして夫を人間イスにしてシャワーを浴びる。

家事奴隷マゾ夫と貞操帯で射精管理する浮気妻の夫婦生活1

akane1-1

朝妻は目を覚ましマゾ夫に新聞を持って来させる、夫の股間には貞操帯が装着させており妻はそのカギをネックレスにぶら下げている、妻の許可なしに貞操帯は外すことができず夫は常時射精管理されている。妻は新聞を読みながら夫にイクまで朝のクンニ舌奉仕をさせる、これは毎朝の日課であり妻はスッキリして1日を始めるのである。妻が昨夜酔って浮気相手と生でセックスをし帰宅しそのまま洗わないで寝たオマ○コとも知らずに夫は貞操帯を外してもらおうと一生懸命汚れたオマ○コを舐める。夫は家事奴隷にされており妻の朝食を作るがタマゴを買い忘れて妻に鞭でお尻にお仕置きを受ける、妻は夫がミスをしないように体で覚えさせるのである。妻が食事をしている間夫はイスにされる。妻は食事を終えると残した残飯を床にまき散らし足で潰しツバを吐きかけ夫に与える、夫の食事は毎回このようにする。妻は出かける前に着替えをしていると「あなたーおしっこ」と夫を呼ぶ、夫は如雨露にホースが付いた聖水器を咥え仰向けに寝ると妻は夫を見る事なく小便をし全部飲ませる、妻は小便をする時はトイレに行かずどこでも夫に飲ませる。妻は玄関で「お友達とランチに行くから掃除などしておくように」と夫に伝える、しかしランチではなく本当は浮気相手とホテルで会うためである。浮気相手とセックスを楽しんで帰宅した妻は玄関で「ブーツが汚れちゃった」と夫に舐め掃除させる。