貞操帯で射精管理されるクンニ特訓所3

gal5-3

女教官達はオナホールを使って「まずは大陰唇から舐め始めて次は小陰唇、クリトリスは皮から優しく舐めてクリトリスが出て来たら舌で転がし吸い付く、穴に舌を入れて奥までかき回す、オマ○コ汁は全て舐め取って飲む、肛門は奥まで舌をすべり込ませる」などと特訓させる、マゾ男達のクンニを1年間楽しむ女教官達はマゾ男達のクンニが上達しないとより多くの快感が得られないため徹底的に舐め訓練をさせる。オナホールでの訓練が終わると実践練習と称して女教官達はパンティーを脱ぎイスに開脚して座るとマゾ男達を犬のように扱いオマ○コを舐めさせ始める、お楽しみの始まりである、女教官達にとって貞操帯で射精管理されオナニーすらできないマゾ男達にクンニさせ自分達だけ快感に浸たるのはこのうえもなく興奮するのである、女教官達はマゾ男達のクンニに採点を付け点数の低かったマゾ男に罰として聖水を浴びせ小便も舐め掃除させる。