兎女鬼女王様と崇拝する奴隷信者達4

tomeki1-4

みごとに1本鞭222発を耐えた20歳のM女だがそれで終わりではなかった、兎女鬼女王様は用意した各種のケイン棒とパドルをM女の尻に33発ずつ順に打ち始める、さすがに辛いM女の目からは涙がこぼれ落ちるがそれでも責めは続けられ、M女の辛そうなしぐさと苦しむ細い女の悲鳴が兎女鬼女王様を興奮させ責めに火を付ける、腫れ上がったお尻を 兎女鬼女王様に噛まれる時のM女の泣き声がたまらない。兎女鬼女王様はマゾ男1人とM女を四つんばいにさせハサミでパンツを切り穴を開けゴム手袋をはめアナルを拡張していく、アナルが敏感なマゾ男は大きな声を上げアナル拡張だけで何度もイキ、それとは反対にM女はじっと耐え時折感じてか細い喘ぎ声をあげる、兎女鬼女王様はM女に「別の穴にも欲しいでしょ」とアナルとオマ○コに同時に指を滑り込ませる、膣内に指を挿入されたM女はいっそう感じ、以前の調教でクリトリスにピアスを開けられていてそのピアスも刺激され声出さずにはいられない。