サドお嬢様と変態マゾ執事7

miori2-7

お嬢様はマゾ執事をベッドに拘束すると顔面騎乗で口と鼻を塞ぎ呼吸管理をする、マゾ執事はたまに顔からお尻や股間を外してもらえる一瞬に思い切り呼吸して次の騎乗の時間に耐える、お嬢様はマゾ執事の口にテッシュを詰め込み水を流し鼻を摘まみ呼吸を止めるのだがマゾ執事が少しでも呼吸ができると更にテッシュを追加で詰め込み水を流して完全に呼吸ができなくしていく。お嬢様はマゾ執事を四つん這いにさせるとパンツを引き裂きゴム手袋をしてアナル拡張する、最初は指をアナルに挿入していたお嬢様だが徐々に指の数を増やしとうとう方手首丸ごとアナルに挿入してしまう、右手首左手首が交互にズボズボとマゾ執事のアナルに入ってはその姿を隠す、終いにはお嬢様は両手首をマゾ執事のアナルに同時に突っ込んだ。お嬢様は「私のおしっこ飲めるわね」とマゾ執事を床に寝かせると顔の上に立ち何のためらいもなく小便を口めがけて放出する。