綺羅 極限アナル開発 M男肉体改造2

kira6-2

綺羅女王様の極限アナル開発はこんなものでは終わらない、綺羅女王様は更に太い直径10センチもあろう特大ペニスディルドを持ち出しマゾ男のアナルに当て力を込めて一気に根元まで押し込むとマゾ男の悲鳴が響き渡る、綺羅女王様はマゾ男のアナルに刺さっている特大ディルドを足で思い切り踏みつけ押し込むと特大ディルドはクジラが海面から勢いよく飛び上がるがごとくアナル奥に1度潜って外に飛び出した。綺羅女王様は更に極限アナル開発を行いM男肉体改造を続行する、次に直径は10センチとほぼ同じ太さだが長さが二の腕まである特大ロングディルドをマゾ男のアナルに差しこむ、しかしさすがにこれは根元までは押し込めないこれが根元まで押し込まれればアナルを通り越して腸まで届いてしまうだろう、次に綺羅女王様は特大アナルクスコ(肛門鏡)をアナルに装着させマゾ男のアナルの奥まで覗き込む、アナル奥のピンクルージュが丸見えである、次に直径12~13センチもある極太ディルドを持ちだしマゾ男のアナルに当てる、太すぎてなかなか挿入できないが綺羅女王様が力一杯押し込むと無情にもマゾ男のアナルに滑り込んだ、その瞬間のマゾ男の悲鳴が今でも忘れなれない、綺羅女王様は極太ディルドを根元まで挿入させようと足で踏んだりお尻で座って笑いながらじわじわとアナルを拡張して行く。