あいり 奴隷化されていく脚フェチマゾ男6

airi1-6

脚フェチマゾ男の背中にロウで自分の名前を書こうとあいり女王様はロウを垂らすが、あまりの熱さに脚フェチマゾ男が暴れるので上手に名前が書けず、鞭で叩かれロウを落としてはやり直しとなり1度我慢すれば終わるのにバカな脚フェチマゾ男は長々とロウの餌食にされる。ロウソク責めで暴れた罰で脚フェチマゾ男はお仕置きでスパンキングを受ける、あいり女王様がイスに座りヒザの上に脚フェチマゾ男は覆いかぶさりパンツを下げられお尻を出されると手でパンパンお尻を叩かれ、四つんばいにされてはお尻を鞭で叩き上げられる。あいり女王様は脚フェチマゾ男のパンツを下ろしてペニスを出させ凝視して「皮かぶってるね、小さいね」と笑いヒールでペニスをつついて遊ぶ。あいり女王様はオナニーを見学したいと脚フェチマゾ男に自分でペニスをしごくよう命じる、オナニー姿を見られて脚フェチマゾ男は恥ずかしそうである。あいり女王様がツバをペニスに垂らすと脚フェチマゾ男のペニスをしごく手の滑りが良くなってイキそうになるがあいり女王様が射精の許可を出すまでイクことはできない、脚フェチマゾ男は「あいり女王様射精させて下さい」とお許しを乞うが「どうしようかなーフフフ」とあいり女王様はじらしてなかなか射精の許可を出さない。脚フェチマゾ男はやっと射精の許可をもらうと「イキます」と言った瞬間ペニスの先から精子が勢いよくビュビューと飛び散った、あいり女王様は射精の瞬間をみて大笑いしている。