専属マゾ奴隷壮絶調教の旅4

saran2-4

女王様はマゾ奴隷を天井から吊るしてある麻縄で縛り立たせると1本鞭で打ち始める、強い巻き鞭はマゾ奴隷を苦しめ体はすぐに赤く腫れ上がる。女王様はマゾ奴隷の方足を縛り吊りあげるとマゾ奴隷は1本足で立たなければならなくなり、女王はその足に鞭の照準を合わせて打ち始める、すると女王様は1本足の回りに画鋲を撒き散らし弱っている足目がけて鞭を浴びせる、マゾ奴隷は必死に方足を動かさないように鞭に耐えているが限界は来る、マゾ奴隷が足を動かしてしまった瞬間に画鋲が容赦なく足に突き刺さりマゾ男は絶叫する、しかし女王様は笑いながら更に方足を狙って鞭を打ち何度もマゾ奴隷は画鋲の餌食になる。