専属マゾ奴隷壮絶調教の旅6

saran2-6

唾責めを楽しむ女王様は蒸れた足を差出し臭いを嗅がせハイヒールの裏を舐め掃除させる、マゾ奴隷の舌でハイヒールの裏がきれいに磨かれていく、次は蒸れた足の舐め掃除である、指を1本1本、指と指の間まで女王様はきれいに舐め掃除させる。女王様は履き古したパンストをマゾ奴隷の口に押し込むとその上から聖水をする、少しずつ少しずつ小便を垂らしていく女王様、小便はパンストに徐々に染み込み、小便が終わると女王様はタオルで口を塞ぎ長い時間マゾ奴隷は小便の味をパンストと共に噛みしめさせられるはめになる。女王様はペニスバンドを装着するとマゾ奴隷にフェラチオを命じる、一生懸命チンポをしゃぶるマゾ奴隷だが女王様が頭をつかみ喉の奥までチンポを突っ込み始めると苦しそうにえずく。