真性奴隷への洗脳と改造5

kira7-5

なかなか射精できないマゾ男は1本鞭の格好の餌食となる、綺羅女王様はオナニーと同時に鞭を打ち、鞭で打たれる事が快楽であると教え込んでいる、結局射精できないマゾ男に綺羅女王様は罰として1本鞭でペニスを打つ、この長い1本鞭を正確にペニスに命中させる綺羅女王様には頭が下がる。綺羅女王様はマゾ男のペニスをガムテープでぐるぐる巻いて貞操帯代わりにしてスパンキング鞭で打つ。綺羅女王様は監禁マゾ男を縛りチェーンで吊るし真性マゾ男には縄で首輪とリードを作り馬にする、綺羅女王様は監禁マゾ男をチェーンで吊り上げ下に股裂き三角木馬台(跳び箱で上部が三角に尖ったような股裂き拷問台)を置きマゾ男を下ろして行くとマゾ男は三角部が金玉や尻の割れ目に食い込み自分の体重によって苦しみもがくが綺羅女王様はチェーンを上げたり下げたりして責め遊ぶ、そしてマゾ男が股裂き三角木馬台に乗った状態でマゾ男の体によじ登りマゾ男の体重に綺羅女王様の体重が加わりマゾ男は悲鳴をあげる、凄い光景である。