容赦なき玩具用マゾ男遊び1

asami8-1

ミストレスは玩具用のマゾ男2人の腕と足を縛り上げ連結し一心同体にする、そして海で遊ぶために買ったビーチボールをバレーのように投げ合って遊び始めるのだがマゾ男達は手を使ってはならず全てヘディングのみとさせられる、当然体を連結されヘディングだけでは上手にボールを渡すことができず失敗が続くとミストレスに縄跳びの鞭で叩かれる、この地味に見える縄跳び鞭だが知っている人は分かると思うが実はかなり痛くマゾ男達の体はあっという間にみみず腫れ状態になる。ミストレスは連結した状態で縄跳び5回を同時に飛ぶように命じる、無理かと思ったが奇跡的にマゾ男達はこれに成功し難を逃れる。

サドお嬢様と変態マゾ執事6

miori2-6

チンポ洗濯バサミを鋲付き乗馬鞭でやっと落としたお嬢様はマゾ執事を四つん這いにさせ更に1本鞭の嵐を食らわす、すでにマゾ執事の体は鞭の跡で覆い尽くされているがお嬢様は強烈な鞭を振り下し続ける、お嬢様は乗馬鞭に持ち替えるとお尻と足の裏と柔らかいワキ腹を狙って同じところを叩き続けマゾ執事に地獄を味あわせる。お嬢様はマゾ執事を立たせると有刺鉄線をマゾ執事の体に巻き始める、有刺鉄線が肌に触れ皮膚を押し付けながら巻かれていく、少しでも動くと有刺鉄線が皮膚に突き刺さるためマゾ執事は恐怖で絶対に動くことはできない、しかしお嬢様はあたり前のように有刺鉄線を巻いていきマゾ執事の動きを封じその状態のままピンセットで耳を摘みねじ回したり小型だがスピードがあり痛い鞭で叩いて遊ぶ。

兎女鬼女王様と崇拝する奴隷信者達7

tomeki1-7

兎女鬼女王様はマゾ男の頭にサッカーボールのマスクを被せると顔面人間サッカーボールの始まりである、兎女鬼女王様はマゾ男の顔面と頭にシュート、ドリブル、リフティングを繰り返しマゾ男はその度に潰れたような奇声を上げボールのようにコロコロ転げまくる、まさに顔面人間サッカーボールである。兎女鬼女王様はマゾ男の顔面に対し必殺技を繰り出す、ほうき型顔面ヒッププレス Broom type bottom face crush、顔面ジャンピングヒッププレス Jumping bottom face crush、顔面ジャンピングヒザ落とし Jumping knee face crush、顔面ジャンピングフットスタンド Jumping foot face stand、顔面ジャンピング股間プレス Jumping pussy face crushなどでマゾ男の顔面はグシャグシャにされる。最後は兎女鬼女王様の強烈な金蹴りがマゾ男のチンポにめり込みマゾ男はノックアウトされてしまう。