足フェチマゾ男人間サンドバッグ嘔吐責め2

sara1-2

サラ女王様はヒールの靴底やカカトまできれいに舐め掃除させヒールのつま先を口に押し込みヒールフェラチオさせる。サラ女王様は男を四つん這いにすると尻をボコボコに蹴り上げヒールのつま先を男のアナルにめり込ませる。サラ女王様は蹴りで汗をかき足が蒸れるとヒールを脱ぎパンストで蒸れた足を男の顔に乗せ匂いを嗅がせ、口の中に押し込み蒸れたパンストの足を味あわせパンスト足フェラチオさせる。次にサラ女王様はパンストを脱ぎ生足の臭いを嗅がせ足の指も1本1本舐めさせ足の指の間のアカまで舐め取らせ口に押し込み生足フェラチオをさせる、上手にできないと足で踏みつけ両足で顔の上に乗り全体重をかけチンポを片足で踏んで立ち潰す、しかし男のチンポは足で責められながら勃起してしまいサラ女王様に足フェチマゾと問い詰められ白状してしまう。

足フェチマゾ男人間サンドバッグ嘔吐責め1

sara1-1

サラ女王様は引越しセンターの家具移動サービスを頼むと筋肉質の男がやって来る、サラ女王様は男にマゾの匂いを感じこの体格なら打たれ強そうで良い人間サンドバッグになるではと奴隷コレクションに加えるかどうか試すべく睡眠薬で眠らせ監禁する。サラ女王様は男を裸にするとビンタで目を覚まさせ、ヒールで踏み、足を見せ、パンストを履いた足で顔を踏み匂いを嗅がせ口の中に押し込み舐めさせ、ビンタし、乳首を痛ぶり、ツバを顔に吐きかけ、チンポを握り潰し、乗馬鞭で叩き、蹴り、足やフトモモで首を絞めるなど男のチンポの勃起反応を見ながらどんなフェチ性があるか調べていき一通り調べると男を再び薬で眠らせ後ろ手に手錠をして拘束する。サラ女王様はこの男が足とツバや体液に興味があるとにらみヒールで顔を踏みつけ目を覚まさせるとヒールで顔を踏みつけ舌で舐めさせる、上手にできないと罰でヒールのカカトを体にめり込ませる。

あどけないメイドにお仕置きされるセクハラ男1

ai1-1

男はチラシを見て出張メイドカフェに電話をして依頼する、やって来たのはあどけないメイドであった、男はメイドの体を触ったり口説いたり勝手に携帯で写真を撮ったりとセクハラする、メイドはワザと男の股間に紅茶をこぼしズボンの上からタオルで股間を拭きシミになるから服を脱いでと男を裸にするとメイドは豹変し男にビンタを食らわしセクハラの罪を償わせるため男に首輪とリードをし「今から私が主人でお仕置きを始める」と言い放つ。 メイドは男をヒザの上に乗せ「私をご主人様と呼びなさい」とスパンキング鞭で尻を叩く、なかなか言わない男であったが尻をめった打ちにされるとついにメイドをご主人様と呼び主従関係が確立される。メイドは首輪のリードを持って男を犬にして四つん這いで散歩させ自分の股の下をくぐらせたり鳴かせたり屈辱を与えるが上手にできない男は再びスパンキング鞭でめった打ちにされる。メイドは男を馬にして背中に乗り乗馬をするが男がよろけてメイドを落としそうになると再び鞭で叩きまくる、男の尻は鞭でもう感覚がないぐらいに腫れ上がり血が滲んでいる。