貞操帯で射精管理されるクンニ特訓所3

gal5-3

女教官達はオナホールを使って「まずは大陰唇から舐め始めて次は小陰唇、クリトリスは皮から優しく舐めてクリトリスが出て来たら舌で転がし吸い付く、穴に舌を入れて奥までかき回す、オマ○コ汁は全て舐め取って飲む、肛門は奥まで舌をすべり込ませる」などと特訓させる、マゾ男達のクンニを1年間楽しむ女教官達はマゾ男達のクンニが上達しないとより多くの快感が得られないため徹底的に舐め訓練をさせる。オナホールでの訓練が終わると実践練習と称して女教官達はパンティーを脱ぎイスに開脚して座るとマゾ男達を犬のように扱いオマ○コを舐めさせ始める、お楽しみの始まりである、女教官達にとって貞操帯で射精管理されオナニーすらできないマゾ男達にクンニさせ自分達だけ快感に浸たるのはこのうえもなく興奮するのである、女教官達はマゾ男達のクンニに採点を付け点数の低かったマゾ男に罰として聖水を浴びせ小便も舐め掃除させる。

志願奴隷達の能力チェック3

youko2-3

女王様は次に「私のワキの匂いを覚えなさい」とマゾ男達にワキを押し付け匂いを覚えさせ、複数のワキ汗パットを取りだし「1つだけ私の汗が染み込んだワキ汗パットで残りはお友達から借りて来た物よ、この中から私のを当てなさい」と匂いを次々に嗅がせて当てさせる、外れたマゾ男はお仕置きとして1本鞭地獄を味わう事となる、当てたマゾ男はご褒美として女王様の両ワキを舐めて汗を吸い取らされる。女王様は顔面人間座布団としてマゾ男達を使い「私のお尻で座られてどっちが呼吸を我慢できて私にふさわしい座布団かしら」と競わせる、マゾ男達は繰り返しお尻に顔を潰され頑張るが限界はある、女王様は上手にできたマゾ男にご褒美として聖水を与える、女王様は大量の小便をマゾ男の口めがけて放出しては止めて口に溜まった小便を飲ませて再び放出する。

返品マゾ奴隷徹底再教育7

haruna1-7

次はチンポ強化である、奴隷のチンポは飼い主の物でありいつで勃起命令があれば立たせないとならない、マゾ男は手足を拘束され寝かされ女王様が勃起させろと言えば勃起しなければならず、小さくしろと言えば勃起チンポを小さくしなければならない、できないとチンポを踏まれ手で金玉を握り潰される、女王様はパンティーを脱いでマゾ男の顔の上に立ち「オマ○コを見て勃起させろ」と命じる、手を使えないマゾ男は見るだけで勃起させなければならないが出来ずにお仕置きに合う、次に女王様は顔面騎乗してオマ○コを舐めさせながらチンポを手コキして「勃起させるな、ただしオマ○コは舐めながらだ」と命じるがクンニと手コキで勃起させない事などできるはずがなく勃起してお仕置きに合う、その後もクンニ手コキで「小さくしろ」と命じられるが勃起はおさまらる訳は無く何度もお仕置きされる、最後は電マをチンポにガムテープで貼られスイッチを入れたまま「1日勃起したままでいろ」と放置される。