絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男4

miyuki5-4

鞭打ちサイコロゲームでマゾ男を玩具にして遊ぶ女王様、マゾ男はサイコロを投げる度に緊張が走る、3456が出ると女王様はマゾ男の尻や背中にフルスイングで鞭を浴びせる、あまりにも強い鞭にマゾ男は悲鳴を上げ泣く寸前である、しかし女王様は「あら6が出ちゃった、残念だったねアハハハ、でも自分で投げたんだから仕方ないねアハハハ」などと容赦なく鞭を振るいゲームを続けまくる。次に女王様はロウソクでお絵かきを楽しむ、マゾ男は床に寝てスケッチブックにされ女王様がロウソクを垂らして絵を描くのだが動くと鞭で叩かれるためマゾ男は熱さに耐えなければならない、しかしいくら我慢してもあまりの熱さに動いてしまうマゾ男は案の定鞭の餌食となる。女王様はお絵かきに飽きると「ウインナーを焼こうかな」とマゾ男のパンツを下しチンポに直接ロウソクを垂らして「ウインナーは赤いでしょアハハハ」とチンポを真っ赤に染めていく、最後は再び聖水人間便器で女王様は小便をマゾ男に飲ませ人間トイレットペーパーでオマ○コを舐め掃除させ床の小便は人間掃除機で舐め取らせる。

寝取られマゾ夫に浮気を見せつけあざ笑う妻

cuckold-s

何もない山奥へ出張に行く夫、オナニーぐらいしか楽しみの無い夫は妻に近況や裸の動画を送ってくれと頼み妻は動画を送り続ける。しかし妻は同窓会など外出外泊が増え動画にキスマークらしい跡があったり男の声や体が映ってたりして夫は妻が浮気をしていると確信するが何故かそれが異常に興奮してしまい自分が寝取られマゾと気づき妻に告白し浮気の様子を見たいと頼む、以前から浮気を楽しんでいた妻は偶然浮気が公認となり喜び、短小包茎早漏のマゾ夫を小バカにしながら巨根ペニス浮気相手とセックスする動画を山奥で1人オナニーしかできない夫に送りあざ笑う。夫が出張から戻ると妻は浮気相手を家に連れ込み夫の目の前でセックスを見せつけ、夫に浮気相手が中出ししたオマ○コを舐め掃除させるなど寝取られマゾ夫に屈辱を与える事に夢中になる。

絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男3

miyuki5-3

女王様は「私の奴隷は頭も良くないとならないのよ」とマゾ男を床に寝かせクイズの本から問題を出題し「全身を踏んでマッサージすれば血行が良くなり頭に血が回って良くなるよ」とマゾ男の体に乗り、飛び跳ね、頭や顔やペニスを踏みつけ正解するまで笑いながら止めない、女王様が両足で顔に乗り全体重をかけるとマゾ男は苦しみもがく。マゾ男が人間カーペットクイズで正解するのが遅かったため女王様は水責めの罰を与える、女王様は床にマゾ男を寝かせ両手足を縛り如雨露を咥えさせツバや痰を吐きペットボトルの水を強引に流し込み飲ませる、水責めは苦しくマゾ男は何度も飲めずにこぼしてしまい、その都度女王様に体やペニスを踏みつけられる、女王様は水責めの終わりにマゾ男を聖水人間便器にして小便を口や顔に放出し人間トイレットペーパとしてオマ○コを舐め掃除させ、床にこぼれた小便をマゾ男に人間掃除機として舐め取らせる。次に女王様は鞭打ちサイコロゲームで遊ぶ、マゾ男は四つんばい体制で拷問台に縛られ口でサイコロを床に投げる、出た目が1なら女王様のお尻を顔や頭をこすりつけてもらえ、2なら股間をこすりつけてもらえる、しかし3なら乗馬鞭3発、4は4発、5は5発、6は6発叩かれるという運が左右する天国と地獄のゲームである。

貞操帯で射精管理されCBT調教されるマゾ男2

貞操帯で射精管理されCBT調教されるマゾ男2

kaede1-2

鞭を入れながらの女王様のクンニマシン 育成は続く、貞操帯で1ヶ月射精できない男は性欲が更に高まり女王様だけが快楽を味わうという光景 である、そして男は上手にクンニができなかったため射精管理を延長させられる。ペニスが出るだけの 穴が開いた板の下に男は寝かされペニスだけが出ている、女王様は板の上にイスを置いて出ているペニ スをヒールで踏みつけこすり刺激してレイプペニスを懲らしめる、男がヒールの刺激でイキそうになる と女王様は再び寸止めで射精させない。女王様はもう1つ罰を与えるとして口開器で男の口を閉じられ なくしてクソ(黄金)を口めがけてする、女王様の肛門から柔らかいクソが容赦なく男の口や顔に落ち る、女王様はガムテープで男の口を塞ぎ「完食するまで放置だから観念しなさい、ねぇ、自分のウンコ を人に食わせるってすっごく気持ちいいよアハハハ」と男を放置する。

絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男2

miyuki5-2

女王様は1分間射精オナニーショーで射精できなかったマゾ男を罰として人間便器にする。洋式便器の下に縛られたマゾ男は口開器で口を閉じられなくされ女王様は便座に座るとまず大量の小便(聖水)を口や顔めがけて放出する、次に「じゃーウンコしーちゃおう!いいか私の言いつけを守れないとこうなるのよ、ケツの穴からクソが垂れるのをしっかり目に焼き付けておきなさい」と笑いながら言うと肛門からクソ(黄金)がモリモリと顔を出す、目の前の肛門からクソが垂れ落ちてくるのをマゾ男はしっかり目に焼き付け、女王様が力むとクソは肛門から切り離されマゾ男の口と顔に滑り落ちた、女王様は口に入らなかったクソをトングで全て口に押し込みガムテープで塞ぎ「これで食べるしかないねハハハ、ねえ、目の前のケツの穴からクソが顔に落ちてくるってどんな気分だったの?地獄?アハハハハ」と笑い立ち去りマゾ男はクソを完食するまで放置される。女王様はマゾ男をチングリ返しにして縛りアナルを拡張して遊ぶ、用意された太さの違う4本のティルド(バイブ)を細いものから順にアナルに入れて拡張していく、女王様はティルドをゆっくり挿入させたかと思えば「1212」と掛け声で早く出し入れし「エイ!」と力一杯アナル深くまで押し込み止める、その突っ込み方が半端ではないためマゾ男は悲鳴をあげる、女王様は1番太いティルドをアナル深くまで挿入するとガムテープで止め「よし!アナルが拡張するまで今日1日このまま放置だ、ねぇ、バイブおいしい?アハハハ、お尻の穴ってウンコ出すところだよね、何か入れるとろこじゃないよね、アハハハ」と立ち去りマゾ男は1日放置される。女王様は次にマゾ男を人間カーペットにして遊びだす。

貞操帯で射精管理されCBT調教されるマゾ男1

kaede1-1

婦女暴行で逮捕された男を監禁している女王様は貞操帯でオナニーも一切禁止して射精管理し悪さをしたペニスにCBT責めを行い二度と罪を犯さないよう改心させている。女王様は男を縛り上げ電マと手コキで1ヶ月も射精禁止状態のペニスを刺激し男がイキそうになると寸止めし冷たいタオルで勃起ペニスを冷やし小さくさせると性欲が最高の状態で再び貞操帯を装着し射精をさせず罪を反省させる。女王様は男の体に縄を巻き付けイスに結び座ると馬が馬車を引くように乗馬鞭で叩きながらイスを引かせる。女王様はパンティーを脱ぎイスに座り脚を開きオマ○コを見せると貞操帯で射精できない男に屈辱のクンニ舌奉仕の特訓をさせる。

絶対服従を誓い玩具にされるマゾ男1

miyuki5-1

女王様にお仕えしたくやって来たマゾ男に女王様は「私のおもちゃになって私を楽しませることができたら奴隷にしてあげる」と告げ、マゾ男は絶対服従を誓わされる。女王は偶然手に入れた人間玩具を使い遊び始める、首輪とリードを付け挨拶から始まり上手に受け答えができないとビンタや乗馬鞭を飛ばし、靴を舌で舐め掃除させ、馬にして乗馬を楽しみ、マッサージをさせその都度文句をつけてはお仕置きをする。女王様はマゾ男を全裸にさせ短小ペニスを鑑賞し「小さいね、黒いね、オナニーは週に何回するの?」など辱め、全裸のマゾ男を飛び跳ねさせペニスを揺らさせて笑いながらチンポ踊りをさせる。女王様はストップウオッチを持ち1分で射精するように目の前でオナニーを命令しオナニーショー楽しむ、しかし到底1分では射精できずその度絶対服従を守れないとして強烈な乗馬鞭をマゾ男に浴びせ繰り返し1分間射精オナニーをさせる。

寝取られマゾ夫に浮気を見せつけあざ笑う妻6

cuckold1-6

リビングで夫の目を笑みで見ながらフェラチオする妻は浮気相手が口内射精してしまうと妻は夫に近寄り自分の口の中の精子を夫の口に吐き出し飲ませ「今度セックスする前はあなたに彼のチンポをしゃぶらせて、彼が射精する時はオマ○コから抜いてあなたのお口にしてもらおうかしらアハハハ」と笑う。風呂場で妻と浮気相手はセックス中にノドが渇いて妻が夫を呼び「今いいところなんでオチンポ抜けないから悪いけどお水持って来て」と水を持って来させそのまま夫に正座で見させる、中出しするとオマ○コから流れ落ちる精子を見させ「舐めてお掃除したい?寝取られマゾにはごちそうでしょアハハハ」と夫に舐め掃除させる。夫は寝る前にベッドで本を読んでいると妻と浮気相手がやって来て「あなた悪いけど今日彼お泊りだから私達のベッドは私と彼が寝るから、あなたは下の布団で寝て」と夫をベッド下の布団に1人で寝かせる、妻と浮気相手はベッドでイチャイチャし始め夫は反対側を向いて気になって声だけ聞いている、妻達はイチャイチャしてるうちにフェラチオし始めると夫はオナニーをこっそり始めてしまう、妻は挿入すると夫に聞こえるように「凄く気持ちいい、奥まで届く、誰かさんとは比べ物にならないアハハハ、私このチンポじゃないとダメかも」などとバカにして笑い、夫は興奮してチンポをしごく、妻は寝取られマゾ夫に屈辱を与える事に快感を覚え夢中になってしまっている。

サド女研究者のマゾ男人体実験6

asami7-6

1本鞭を打たれながら犬のように角砂糖を探すマゾ男達だがサド女研究者は意地悪をしてマゾ男達が角砂糖に近づくと足で蹴ったり手でつかんで投げたりして角砂糖を移動させるものだからなかなか見つけることはできずに鞭の餌食となる。鞭を浴びながらなんとか最後の1個になるまで角砂糖を探し出したマゾ男達だが最後の1個はサド女研究者がヒールで踏み潰してヒールの下で粉々の状態である、サド女研究者が「最後の角砂糖は粉末状態だ」とヒントを出すとマゾ男達はヒールの下で潰れていると予想してヒールに近づく、サド女研究者は「では舐めて確かめてみなさい」とヒールの底に付いて粉々になった砂糖をマゾ男達の口に運びヒールの底を舐めさせる。サド女研究者は洋式便器を準備するとマゾ男達を便器の下に顔が来るように仰向けで寝かせ順番で顔や口にクソを垂れ流す、口からこぼれたクソはトングで拾われて全て口に押し込められ完食させられる、クソをした後は当然人間トイレットペーパーとして舌でクソをしたばかりの肛門の舐め掃除だ。

サド女研究者のマゾ男人体実験5

asami7-5

サド女研究者は再び1本鞭を乱打してマゾ男達の体の傷口を広げると塩を持ち出しその傷口に塗り始める、マゾ男達は激痛のあまり泣き叫ぶがサド女研究者はわざとひどい傷口ばかり狙って塩を塗って笑っている。サド女研究者は塩を手に取るとマゾ男達のペニスをつかみ上げ塩でもみ上げる、ペニスの塩漬けである、これにはたまらずマゾ男達はもがき苦しむ。サド女研究者はマゾ男達に口を開けさせると「人間の塩の致死量は300グラムアハハハ」と笑いながら大量の塩を口の中に流し込んだ。サド女研究者はマゾ男達に目隠しをすると今度は角砂糖を床にまき散らし甘い匂いを嗅いで探して拾い食べるように命じる、マゾ男達は犬のように四つん這いで角砂糖を探し回るがサド女研究者は1本鞭を持ち出し遅いと鞭を飛ばす、目の見えないマゾ男達は鞭打ちを浴びながら必死に角砂糖を探すはめになる。