足フェチマゾ男人間サンドバッグ嘔吐責め4

sara1-4

男はこぼれたゲロを口に押し込められて食べさせられ床に落ちたゲロも食べさせられる、しかしサラ女王様の嘔吐責めは止まらない、再び口に指を突っ込むとゲロを浴びせ足で踏んで男に舐めさせる、サラ女王様は更にヨーグルトを食べるとゲロと胃液を浴びせまくる。サラ女王様は「ノドが渇いたでしょ」と男の口に小便(聖水)を放出する、凄い量である、ホースの先を指でつまんで勢い良く水が飛び出すような小便が男の口を直撃する、とうてい飲みきれない、しかしこぼれた小便も舐め掃除させられる、そして男は有難うございましたとお礼を言わされる。サラ女王様は体格の良い足フェチマゾ男がどれだけ打撃やプロレス技に耐えられるか人間サンドバッグにして試す、強烈な蹴りが足フェチマゾ男の尻を襲う、そして顔面へのハイキックがさく裂し 足フェチマゾ男は倒れ込むがサラ女王様は倒れ込んだ足フェチマゾ男に蹴りを連続し立ちあがるように命じる、そして顔面蹴りを連発し見事に顔面に強烈な蹴りが決まる度に男は床に倒れ込む、まさに倒れては起こされる人間サンドバッグである。サラ女王様はボクシンググローブを装着しボディ打ちを連発するとついにそのパンチの標的は顔面に移り強烈なストレートが顔面を襲う、強烈なパンチが顔面に決まる度に足フェチマゾ男は床に沈む。

あどけないメイドにお仕置きされるセクハラ男3

ai1-3

メイドはケーキを食べ口の中でグチャグチャにして男の口めがけて吐き落とし男はそれを食べなければならず、床に落ちた物も全て食べさせられる。メイドはトマトを床に置きヒールでのかかとで串刺しにすると刺さったトマトの汁を男に舐めさせる、メイドは次にチーズを床に落とすとヒールのかかとで串刺しにして男に舐めさせついでにヒールも舐めさせ笑っている、メイドはヒールとパンストを脱いで素足になると足で床のトマトとチーズを踏み潰しグチャグチャに混ぜる、メイドの足の裏から足の指の間までトマトとチーズの残骸で覆われるとメイドは足を男の口に押し当て舐め取らせる、足の指で潰され指の間からはみ出るトマトが生々しい。メイドはパンティーを脱ぐと男の顔に被せ自分の臭いを覚えさせながらメイドの調教部屋へ男を連れて行く。調教部屋に連れて来られた男はメイドのパンティーを顔に被されたまま臭いを嗅いでオナニーを命じられる、男はオナニー姿をメイドにじっくりと見られ、メイドはニヤニヤしながら顔面騎乗や電マでオナニー中の勃起ペニスをもてあそんでいると男のペニスからザーメンが飛び散った。

真性奴隷への洗脳と改造3

kira7-3

綺羅女王様は真性マゾ男をギロチン台に首と両手首を挟み馬のような体制に拘束するとアナルの調教を始める、最初は指を1本2本と増やしながらアナルに挿入していき5本に達するとフィストまでも差し込んでしまう、次に綺羅女王様はペニバンを装着するのだがこれがまた太くて長くて大きく大柄な黒人でさえこのサイズのペニスはなかなかいないぐらいであろうぐらい大きい、綺羅女王様はビッグペニバンを首を挟まれているマゾ男にフェラチオさせるのだが太すぎてなかなか口に入らない、しかし綺羅女王様は無理やり口に押し込むとマゾ男はアゴが外れそうである、そして綺羅女王様はペニスをアナルにねじ込みマゾ男を犯し始める、ペニスが大きすぎてマゾ男はもがくが綺羅女王様はお構いなしに腰を激しく動かしグイグイペニスでアナルを破壊していく。ギロチン台から解放されたマゾ男だが仰向けに寝かされ今度は顔面騎乗で呼吸管理される。綺羅女王様は高圧浣腸器(点滴のような大きい器にホースが付いた物)をマゾ男に持たせるとその中に小便をして溜める、綺羅女王様は聖水を1日中この中に溜めて後でマゾ男に飲ませる考えのようだ、床にこぼれた小便は全部舌で舐め掃除させられる。次にマゾ男は張り付けイス(病院で妊婦が局部検診するようなイス)に手足をラップで巻かれ拘束される、電流責めがはじまるのである、綺羅女王様はマゾ男の両乳首を金属製の洗濯バサミで挟むと電極棒を接触させる、かなりの電流が流れているのであろうマゾ男は悲鳴を上げる。